monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:UltraFire WF-C6 with CREE Q5

<<   作成日時 : 2008/03/31 18:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

さて、前回80℃を超える高熱とフリッカーで点灯禁止を言い渡されたC6のその後です。

まずはサラリと解体。
画像
絶縁シートがシリコンシートっぽいのは何やら皮肉な感じですね。

C6の場合、熱伝導についてはもうお腹いっぱいなんですよ。
画像
判りにくいと思いますが、銅とも真ちゅう(黄銅)とも違う薄黄色い銀白色、これはたぶん洋白ではないかと思われます。
500円玉なんかにも使われている銅をベースに亜鉛、ニッケルで構成される合金ですね。
当然非常に高い熱伝導率を持つわけですが・・C6でボディ全体をそれにしちゃったのは何か考え違いをしていたのかも知れませんね。

例えどれほどに熱伝導が良くても、その熱エネルギーを大気中に放熱出来なければ何の意味もありませんので。

そして残念ながらC6のこの表面積は1A時の発熱をさばくには・・まるきり足りていない。
まあ前回のビデオの演出はやり過ぎでしたが、実際それくらいに危ないモノだと認識しておいても損はないと思います。
大抵はあんな感じでフリッカーが出る程度でしょうが・・・もし、その時使用しているリチウム電池にも何か問題があったとしたら・・ネタでは済まなかったかも知れません。

まあ、そういう訳で・・爆発炎上が怖くて中華ライトが弄れるかってえ御仁もおられるかも知れませんが・・一時封印。
今回は連続使用しても安全なライトにしようと言う事で、まずは出力を控えめにする事にしました。
また低出力でも必要な照度が得られるよう、だいぶ前にDXから取ったVf3.29の黄栗Q5に換装・・たぶん。
いや、何かガラクタの中からポロっと出て来たのを測ってみたら、ちょい効率低めですがQ5 WCっぽかったのでツッコんでみました。
屋内用にと考えていたので白っぽいのが欲しかったんですよね。

で、とりあえずHiとして決定されたのが・・200mA。。
これなら連続点灯しても<警報>5分ミッションスタート!なスリリングな展開は回避出来そうです。
それでも光学系の効率が稼げたので約44トーチルーメンを確保。

で、とりあえず安全仕様でのランタイムがこちらです。
画像
画像
画像
時間と共に緩やかに降下して行き1時間40分で70%を切ってしまいますが、まあ使える範囲に収まったと思います。


さて肝心の温度上昇の方はどうでしょう?
画像
画像
25℃開始で最高43℃、温度差18度・・・27℃開始なら最高45℃か、なんとかこれでギリギリと言った感じですね。
ちなみに、lowでは60mAで約17トーチルーメン出ています。
手元・足元灯りには程よい明るさですね。
いかがでしょう?これなら安全に運用出来ますし、屋内用途でなら必要十分な明るさだと思います。
と言うわけで、めでたしめでたし。








すみません、私嘘つきました。

本当はこの上のモードもあるんです。

700mAの出力で約127.8トーチルーメン。
しかし・・これはBoostと言うべきモノで常用は出来ません。
画像
画像
かなりの急角度で照度が落ちて行きますが、大抵はそれ以前に持っていられなくなると思います。

温度上昇の方はこんな感じでした。
画像
画像
元のべらぼうなぶん回し方に比べればだいぶマシですが・・・これでも5分、長くても10分以内には消灯した方が良さそうです。
もちろん気合で点灯、あるいは手袋はめて点灯、いっその事三脚で点灯・・し続けても今度はフリッカーは発生しませんので、その点は少し安心して使えます。

しかし、こうして小型低出力高効率ライトを模索していると、改めてノバ太やノチ子の優秀さに関心してしまいます。
ノバ太のLoで点灯、押し込んだ時だけMaxに出来るインターフェイスは本当に手元灯りには便利でいつも脇に置いてあります。
ハイパワー系と比べると地味だけど、出力も配光も繊細で高度にバランスさせなくてはいけない。もちろんインターフェイスも重要ですね。
さながらフェザープレーンを飛ばすような感覚が必要なのかも知れません。
現時点でのC6は・・・んむぅ、いびつに折られた紙飛行機くらいかも。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
表面積というか、熱容量=体積がそもそも
足りてなさそうですよね。
ウチでもWF-602D+RCRは熱とそれによる
フリッカで禁じ手になってます。というより
WF-602Dは他のライトで使った中古CR123Aの
消費用だったりして(笑)。ちょっと使い
用に丁度いいんですよね。サイズとか、
惜しくなさ具合とか(笑)。
ああ、(私にしては)何かマトモそうなこと??
書いちゃいました。てへっ(笑)
リオ
2008/03/31 18:51
残CR123A処理班はうちではノバ太(内勤)と昇圧コンを入れたLu-12C(外勤)の役目になっています。やっぱり残さず食べてくれる子は必要ですよね。
まあ今回のはシミュレーション的要素が多く、今後これを元にセッティングを詰めて行きたいと考えています。
いつか三脚でなくても出来る子になると良いな。
monozof
2008/03/31 20:06
monolog様

突然のコメント、誠に申し訳ございません。

定番ブログランキングサイト「EYE2U」を開設しました。



登録していただいてブログもアクセスも増えてまいりました。

「定番ブログランキング」ではありますが、簡単な登録でブログの宣伝ができます。





今後、アクセスアップにもつながると思いますのでご登録をよろしくお願いします。

http://eye2u.net/
eye2u
2008/05/01 11:47
いらっしゃいませ〜。なるほど登録サイト集めも大変そうですね。思うに、すでに大手ポータルや有名ブログランキングサイトがありますが、それらは登録サイトが多いだけでなく独自の魅力的なコンテンツを持っておりそのサイト自体が便利だったり楽しかったりするので人も多く訪れ、人が多く訪れるから宣伝しなくても登録サイトも増えていく・・と言う感じでしょうか。
小規模ショッピングモールなどが加盟店舗だけ集めても廃れてしまう場合が多いのはこの為なのかも。
例えば占いとかオンラインゲームとか交通や天気の情報、注目アイテムや最新トピックなどなど誰もが気になる記事を集め発信していく方向で考えてみるのも面白いかも知れません・・・と、うちは基本的にチラシの裏的説明だけのアクセス数とかどーでも良いブログなので、登録はまた機会がありましたら。
monozof
2008/05/01 14:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:UltraFire WF-C6 with CREE Q5 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる