monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:SuperFire SF-307N with SSC P4

<<   作成日時 : 2008/03/29 22:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

そう言うわけで何のヒネリも無くSSCに換装しました。
画像
あ、正確には端子をちょっとヒネってます。
Luxeonの基板はスラグ部分が少し低くなっている、と言うか端子面との高低差があるので、SSCの端子をまっすぐに伸ばしてハンダ付けしてあります。
スラグはいつもの白い熱伝導両面テープでペタっと圧着。
とりあえず現在はランタイムを測定中ですが・・・実際には何時間持つのか?ですね。

ちなみにLED側出力はそれぞれ

Hi(100%)=750mA
Mid(50%)=340mA
Low(25%)=150mA

と言った感じでした。

テール側を測るの忘れましたが、理論上はHiで600mAちょっとでしょうか。
単ニ電池がニッケル水素だと3600mAhとかですので、アルカリですと3000mAh位と仮定して・・・ええと計算上は5時間くらいになりますね。
残りの19時間をどうやって稼ぎ出すのかは謎。
個人的にはなんとか8時間くらい初期照度の50%以上で頑張ってくれれば良いなあ・・と思っています。

それでは換装後の照射比較でも。
画像
それほどフラットにはならずスポット部の明確なオリジナルに近い配光になりました。
周辺へかけてもリング状の段は減って幾分は滑らかになったような気はします。
実は最初Luxeonとの高さ合わせの為に少し底上げしてみたんですが、それだとSSCは端子位置が高くリフ底をガリガリやってしまうので、ほんの少しだけオリジナルより高さを下げてあります。
まあ、結果オ−ライと言う事で。。

ちなみにトーチルーメンはテキトー測定ですが以下の通り。

Hi(100%)=39.05→85.20
Mid(50%)=17.75→41.18
Low(25%)=7.81→18.46

こうしてみるとMidの伸びが顕著ですね。
Hiの方は測定中の降下も影響しているかも。
照度的にはMidでもLuxeonのHi相当ありますので、Midをメインにすれば本当に24時間とか持つ・・かも知れませんね。

最後に既にSSCに換装済みだったSF-301との再比較です。
画像
配光が違っているのでどちらが上とは言えませんが、307Nならではのスポットで中心照度は確実に301を超えているようです。

と言う感じで何かしら参考になるかどうかは判りませんが、後は依頼主の方ご自身の手によるSuperFire見直し大作戦も楽しみにしております。


*3/20追記
とりあえず12時間分のランタイムが出ました。
画像
画像
とまあ、こんな感じなんですが実はまだ計測中です。
24時間分についてはまた後ほど。
いかがでしょう?私としては想像してたよりは悪くなかったと思います。
いや、むしろこれは良い感じだと思うのですが・・・。

さて、グラフの半分くらいグレーを被せてあるところからMid相当、初期照度の50%になります。
大体6時間半まではHiモードと言える照度をキープ出来たようですね。
基本的にほぼ一定の降下率で照度が落ちていく、と言うパターン。
これは出力が電源電圧に依存する回路とアルカリ電池の放電特性と750mAと言う出力により決定されていたモノとも言えます。
一応意図的に熱対策を強化せず、熱ダレにより初期の電流が減る事で安定性を高めようと試みてはみたのですが・・そっちは無駄だったようです。
予め予想はしていましたが、750mAは流し(流れ)過ぎです。
ええと、”この構成では”いくら熱対策をしようが照度は維持出来ない、と言う事ですね。
これが初期値500mA位であればまだ熱対策をする価値もあったと思います。
あるいは電源がニッケル水素かリチウムで電圧も6Vくらいあれば、あるいは3Cではなく2Cからの昇圧回路であれば、熱対策を良くするほどに水平ラインを延ばす事も可能だと思います。
しかし、これは同社ヘッデンのHW-733HのHiモード同様に、その照度で連続点灯出来る設定ではありません。
時間と共にリニアに明るさが低下していくタイプのモノ、とお考えください。
まあそれでもBoostと言うほど短期ではありませんし、6時間半かけての50%なら感覚的には途中で暗くなったと体感出来るレベルでもない。
むしろこの価格(今では3千円しない)で良く頑張っている方だと思います。
また、普通はこんなに長く連続点灯などしませんよね。
これが例えば毎日1時間づつ使ったとしたら・・アルカリ電池でもその特性により一晩でかなり電圧が回復しますので、毎晩使う毎に「ほとんど明るさが変わってない?」くらいに感じられる事でしょう。
ですので、これは十分に使えるライトだと私は評価いたします。

それにSSCで照度が上がった事で、Midでも十分な場面も多そうです。
そしてMidの出力は・・・340mA。
これでどれくらいグラフのカーブが変わるか・・少しだけ見てみたいかも。

*3/30追記
24時間分もどぞー。
画像
画像
測定前に照射比較とかで少し電池を使ってしまったってのもありますが、24時間後はこのザマでした。
こちらもMid相当、Low相当、論外(2ルーメン以下)でグラフに薄くグレーをかぶせておきました。
電池残量は・・順番わからなくなってしまいましたが、0.67V、1.14V、1.15Vと1本だけ片減りしておりました。
まあ3直でアルカリにしては大電流ですので無理もないですね。

引き続きMid測定開始です。
・・・・・8時間くらいでも良い?

*3/31追記
Midモードも計測終了。
12時間で止めようかと思ったのですが、その時点でまだ60%だったので結局24時間まで延長しました。
画像
画像
Hiモードより緩やかに降下してLowモードの照度に至るまで約21時間でした。
ちなみに生グラフだと点灯直後の降下とその後の水平巡航が確認出来ます。
画像
本当はもう少し水平ラインを延ばせるかと思ったのですが、約2時間過ぎから電源電圧に応じた降下が始まりました。

その辺はこっちの12時間グラフの方が判りやすいですね。
画像
キャンプや停電時にダラダラと長時間点灯するにはこのモードが良さそうですか。
実際には朝まで点けっぱなしにはしないでしょうから、一日5-6時間点灯で3日持たせる・・みたいな運用法が考えられます。

と言うわけでSuperFire SF-307N、一家の非常用とかに一本置いといても良いかも?です。

欲を言えば・・これのコケシバージョンを希望してみたいところですが・・・車載とかキャンプに持って行くにはノーマル版の方が良さそうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
やはりSSCが合うようですね。
明るさも倍増とは。
後は蓄光とMk23にマウント・・・違う!ちゅうか無理。
0909
2008/03/29 23:58
SSCの良い点は・・Luxeon互換で換装に便利、かつLuxeonより配光がきれい、バルクでも照度や光色のバラ付きが少ない、低Vfの個体が多い。
欠点は個体により流せる電流の上限に差があり過電流だとすぐ青くなる、熱ダレしやすい、静電気や応力などで突然死しやすい・・と言ったところでしょうか。
で、KLC8はSSCよりタフで扱いやすいですが・・色が日亜ちっくなんですね。まあ、どんなモノにも一長一短はあるのだと思います。
monozof
2008/03/30 00:16
私もSSC-P4はLuxeonからのリプレースとしてたいへん重宝しています。
monozofさんの仰るように配光が実にいい具合なんですよね。
気に入ったランクのエミッタが入手できた一時期50個ほどストックを抱えて、どうしようかナーと思っていましたが何だかんだで手元にはもう4個しか残っていません。
通常時用中の突然死は経験がありませんけど、間違ってごく一瞬直結しただけで壊してしまったことがあります(^^;
RUU
2008/03/30 13:38
出力設定はいい感じなんですね。
でもきっとHighはダラ下がりそうな・・・
(それがランタイム表記のミソだったり)
照度も750mA+SSC P4だと熱でダラりと・・・?

このライトの大きさ(質量)なら、SSCでも
P7にいってみたいところですね。私は未入手
ですけど。。。どうなんでしょうねぇ、P7。
リオ
2008/03/30 17:17
RUUさん>
SSCではセットでオクに出していた頃、2個ともダメになっていた事が一度ありました。テスト時は何事も無く、またボンディングワイヤー断線など物理的損傷も見られなかったのですが不点灯状態に。でも時々点灯したりチラついたりもしましたので、あるいは内部的に電気特性の変化した領域が在ったのかも知れません。原因については2個同時なので個体不良よりは高電圧の静電気など外的要因の可能性が高いかなあと判断しました。まだ取っておいてはあるのですが・・復元はしないみたいですね。。

リオさん>
アタリです。が、思っていたほどヒドいと言う感じではないです。実を言うとそれを見越して、少し出力が下がって点灯時間を稼げるようあえて熱伝導については強化しないでおいたのですが・・それも必要無かったようです。この回路とアルカリ電池でこの出力では、熱など関係なしに絶対に下がり続けるしかなかったんですね。詳しくは後でランタイムグラフと一緒に追記しておきますね。
あ、DXのP7はランクも低そうだしハズレ確立2/5なので特性を調べるためだけに使い潰すつもりでいます。それより・・届くのか?
monozof
2008/03/30 18:28
おはようございます。
オリジナルとこれだけ照度が変わったのなら、常用はMidで充分なような。
仮にP7ぶち込んだら何ルーメン出るのだろう?750mAだと150〜200がいいとこかな?それでも倍ですね。
Midのランタイムは・・・50%まで14時間?
0909
2008/03/31 08:19
Midはまだ12時間までしか見ていないのですが・・すごい!その予想でドンピシャになりそうです。

P7がTEのようにエコ明るくでも使えると面白そうですね。
理論上は700mAでも200lm以上になりますが、それはLED単体での値ですのでCREEならQ5相当の効率になります。実際は4chipにより250lm位までは効率が上がってくれると思うのですが・・P4x3のTEが1050mA時168トーチルーメン、光学系をOPT70%と仮定した場合LED単体で240ルーメン出ている事になります。OPT65%なら252lm。最低でもこの辺はクリアしてくれると良いなあ。
・・って、すっかりオーダーステータス止まってますが、本当に届くのか?
monozof
2008/03/31 10:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:SuperFire SF-307N with SSC P4 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる