monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS UltraFire C8:紹介編

<<   作成日時 : 2008/03/02 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

これは海外通販ショップDealXtremeにて25.73ドルで購入したモノです。
・・って今回オクに出す分は無いのですが、なんか懐かしいですね。

それではUltraFire C8、サクっと紹介させて頂きます。
画像
上がC8、下がC2。これは本当に兄弟機と言えそうですね。
ええ弟の方が少し頭デカいですが。

他のモデルとも比べてみましょう。
画像
サイズ的にはヘッド径がC2より4mm大きい45mm、高さが20mm大きい140mmです。

各部に分けるとこんな感じです。
画像
基本的にボディから下はC2と同じです。
違いはキャニスターの穴が4つになっている点と、リフを安定させる為かキャニスターの首の所にOリングが入っていて少し浮かせて固定されます。
そう言えばS.T.Fなどもキャニスター下部にOリングとワッシャが入っていましたね。
ただ、これだとキャニスターからの熱は、ネジ部からしかボディへ伝わらないのでよろしくないですね。
リフからもある程度は伝わってくれそうですが、まずはここから何か対策を講じたいと思います。

また取り寄せた個体は傷も無くきれいでしたが、ネジ部の仕上げや表面処理など全体的にC2より雑で安っぽい感じが見受けられました。
Romisenに近い表面はヌルンとした黒で、アルミ地肌の細かいとこは少しサリっとした感じです。
まあ削り粉とかは出ない許容できる範囲で、今の安売り中華の平均的レベルかと思います。

ちなみにリフサイズはまさにC2と3CPの中間と言ったところ。
画像
持っていないのでわかりませんが、TiabloA8とかに近いサイズなのかも知れません。
もし両方持っている方がいらしたら、ぜひ教えて頂きたいところです。
ほら、もし互換性あるようならTiabloのスムースリフをぶん取れるかも、とか・・。。

で、照度なんですが・・なんか今日は昨日より調子良いみたいで、18650でもそれなりの値が出ました。

50cm@ 24000Lux
1m @ 8000Lux
2m @ 2300Lux
約124トーチルーメン

照射パターンは比較用のC2が今無いので、以前にとった画像にペーストしてみました。
画像
やはりC2よりは若干周辺光が狭くなっているようです。
ちなみにここに写っているC2-SはP4版のですね。

続いて野外照射、こちらも以前のと組み合わせてみました。
・・・が、ちょっと前より距離が遠くなってたみたい。
画像
こちらのC2-SはQ5版で1.4Aも流してたんですね。
この後満充電の3V RCR123x2つっこんだら燃えちゃった、と言うやつです。。
3CPの方も無闇やたらに2Aも流しておりました。
たぶん1.5A以上は無駄な電流になってた気がします。

これらと比べるとさすがに見劣りしますが、ノーマルのOPリフとしては悪くないかな?
LEDもP4としては明るいようです。と言うかテールで1A流れているんですよね。
その辺はバラす時にちゃんと調べてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
DXのこれ(URL)と互換性がありそう。
takebeatさんが出品されている「Conqueror M-C3」もサイズ的には使えそう。
私はROMISEN RC-U4 3-Mode Cree LED Flashlight にそそられます。3AAA/2×CR123A/18650ってのどうよ。
0909
URL
2008/03/02 23:14
はやっ!もうM-C3出されてたんですね。
Conqueror M-C1はテール内に基板を配置する事でLEDから回路部品への熱の影響を排除、同時にヘッドをフルにヒートシンクとして利用可能にした画期的なデザイン・・なんですが、そちらは他の方にお任せいたしました。M-C3もその構造を活かしているのかな?
RC-U4はまさに中華テイストな仕様で楽しいですね。
このAAAx3用ボディだけを他のライトでも使える用オプションにすれば面白いかも。
monozof
2008/03/03 00:04
インプレ、C2との比較参考になります。

ヘッドの部分を長くしたものではないのですね。少し太くなっていたとは(同じ太さだったらよかったのに)。ヘッドの容積(表面積)で放熱の違いとか、照射パターン変化とか単純に比較するにはいいと思ったんですが。でも4mmくらいならそれほど影響ないでしょうね。
周辺光はやはり小さくなっているようですが、スポット周りに明るい部分が追加されて、近距離での使い勝手も若干アップ?かな。僕の場合C2は周辺光のほうしか使わないので、使い方が微妙に違ってくると思いますが・・・。でもC2Zがやはり一番好み。
雷豚
2008/03/03 22:18
ぉおっ
こんなのがあったとは
気付きませんでした。。。

見た感じ大きさは3CPと同じかなって
思って見てましたが、そーではなさそうですね
照度的にはTiabloやMRVと同等の様な
感じかもぉ〜☆

C8のサイズをお教え頂ければMRVリフの
サイズでも測ってみますけど。。。
unkochan
2008/03/03 22:22
雷豚さん>
3CPよりは全然小さいのですが、C2のつもりで握ると頭でかっと感じます。やはりボディとのバランスは少し悪いかも。テール側にもボリュームが欲しいところです。
周辺光もOPリフなので比べなければC2と変わらない感じですね。でもせっかく遠射能力高そうなので、スムースリフも試してみたいところです。

unkochanさん>
はい、私も思い切り脳がスルーしてたみたいです。
一応ノーマルではP4と言う事ですので、どこまで行けるか?ですね。
なるほど!リフサイズ比べですね。それはは助かります〜。まず外寸では高さ=30mm、ボトム=16mm、トップ(縁)=41.8mm。
そしてヘッド内径が40.4mmで、そこに収まる部分が39.7mm・・約40mm径のリフと言う事ですね。
monozof
2008/03/03 23:33
おはよーございます

んと、判る範囲で

リフの外寸
高さ30.5mm
縁 41.8mm
裾 16.0mm

つー事でMRVでは、
ほぼ同じではないかとぉ。。
unkochan
2008/03/04 09:58
おは・・って昼過ぎてました。
うん、やっぱりコケシが美味しいとこ(謎)

おお!ヘッド径が同じなのでどうかなと思いましたが、いけそうですね。
唯一の問題は・・リフの価格でもう1本買うか悩むぅ。。
でもスムースリフのMRV持っている人には、けっこう美味しい話かも。
C8ってばノーマルP4(Vf=3.23V)で1A流れていました。
Vf高めのQ5でも900mA・・と詳しくはまとめてから。
monozof
2008/03/04 12:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
UltraFire C8:紹介編 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる