monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS GENTOS EX-737NX:三つ目ってみた

<<   作成日時 : 2008/02/21 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

コールマン パワーハウスツーマントルランタン+【ステンレスメッシュホヤ】セットコールマン パワーハウスツーマントルランタン+【ステンレスメッシュホヤ】セット

本物のランタンは良いねえ。

光や熱やα粒子やらいろんなモノを出してくれるよ。

リリンの(ry



中部プロットさんでは3月末発売予定のGENTOS新型LEDランタンEX-777XP
単一電池3本で日亜暖色系LED3灯を駆動、280ルーメンで連続72時間!
いよいよ本物のランタンに匹敵する本格的LEDランタンの登場なるか?

でも何気に饅頭みたいなEX-547SRの方も面白そうだな。

・・と、一応期待だけはさせて頂くとして、こちらではとりあえず1.5WのLEDぷちランタンを3栗化してみました。
画像
信号機みたいですが、真ん中がWarmWhiteで両側がCoolWhiteのP4です。
裸状態での照度は約74ルーメンと日亜1灯の約2倍、Cree1灯の約1.4倍になりました。
と言っても、ほとんど白色2灯で増えた分だと思います。

それより問題は・・これだと白色が強過ぎ、蛍光灯みたいでヒト的にはちと落ち着きません。
画像
配光はシジミってて悪くないのですが・・この波長セットで明るくなってもあまり意味がありません。
これだと色差は認識しやすく近接ではムラなく見やすいのですが目が疲れます。
色で言えば黄色近辺の波長がもっと欲しいところでしょうか。
今の光は・・音で言えばドンシャリ中域スカスカ状態に似ています。
どっちかてえとシャリ過剰ですね。
スットン、シャカシャカとヘッドホンから漏れて来るような音・・じゃなく光。
もっとも高域を引き立てるのは中域であり、それは更に可聴範囲ギリギリの低域が支える・・を光に訳すと、幅広い波長をバランス良く出せる・・となるのでしょうか?
やはりこぉ可視光ギリギリも含めて、なのでしょうね。
まあアナログ=本物のランタンと同レベルにはけしてなれないのでしょうが、それでも可能な限り近づけられれば良いなあ・・と、願っています。
まずは放射するのを可視光の一部に限定する事で高効率を得ている今のハイパワーLEDにとっては今後の課題と言えそうです。

それはそれとしてWarmWhiteからの赤み成分がそれなりにある事はこの画像が判りやすそうですね。
画像
このL2Dも初期のWDだと思いますが割と黄色成分は含まれている方だったりします。
最近は総じてWC寄りのようですから、今ならWG扱いになりそうですね。

今回はCreeの暖色系が1つしか無かったのでこのような配置になりましたが、仮にこれを暖・白・暖の配置にしてもこの3000・・いや2000K台後半っぽい色だといまいちかも知れません。
やはり3500Kのピーク持ちを足すべきか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
全てはリリンの流れのままに
好きって事ですかそうですか。^^ぽ
なんちゅうか松下あたりに入社してライト開発して欲しいとか思っちゃえるほどの探求心、恐れ入ります。

真横にLEDはっつけてみればもっと素直な配光になるかしら  とか思ってみる
浜ちん
2008/02/21 22:31
これが本当のダンショク系?とかベタな落ちは置いといて・・いや確かに黄〜茶色っぽい気も(禁

なるほどLEDポジション球みたいな配置ですね。
かつ発光面直撃くらわないように二重拡散して、みたいな。
でももう1個くらい男・・暖色系のが欲しいところ。
AxeonだかEdisonちっくなので手を打つべきか?
monozof
2008/02/21 23:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GENTOS EX-737NX:三つ目ってみた monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる