monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 改造覚書:GENTOS EX-737NX(ポロリもあるよ)

<<   作成日時 : 2008/01/13 13:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

ヒートシンクはボディに接着されているようです。
これは多少衝撃を受けても取れないようにだと思いますが・・・なんとか取れないかな?

クキクキクキ・・・ポロリ
画像
あ・・・・・・・。

いやいや、壊したんじゃないですってば。

なるほど、元々樹脂ボディの弾性で外れないのを補助する程度に接着剤が塗ってあったようです。
それが逆にボディの弾性によりモロっと外れたと言うわけですね。
何はともあれ結果オーライ。これで線も中を通せます。
画像
「ばんじゃーい」な図。
あ、思い切り雑然と蓄光テープを貼ってありますが、これはどの位置でどの程度の効果があるか調べるための試験的なものです。
え?もちろんやる気まんまんですとも。(棒読み)


で、線を上まで引っ張ったまでは良かったのですが・・・えーと、どこにLEDを置いたら良いのやら。
日亜3chipがど真ん中で結構スペース食ってて・・ってメインLEDなのだから当然ですが・・認識灯用LEDの置き場はその周囲のわずかしかありません。
それに5mm砲弾だと足刺す場所が必要ですし、あまり高くなるとメインLEDの配光の邪魔にもなりそうです。
そう言えばずっと前にスクーターのメーター照明を換装した時に外したチップLEDがあったなあ、と思い探したのですが・・・見つけられませんでした。

年代から推定するにたぶんあの辺のモノ達の最下層から2層目くらいに眠っている可能性が高い。

たぶん・・・。。

と、とりあえず今あるモノで何とかしよう。
モノが無いってのはモノづくりの母であるらしいし。
と言う事でこんな感じに搭載してみました。
画像
何じゃこりゃ?な図・・になっていると思いますが、これは砲弾が足を上にしている状態です。
最初はただゴロンと寝かしておこうかとも考えたのですが、割とスペースも食うしショートも心配です。
そこに何気にunkochanさんの「ちゅるピカ」の言葉が脳裏に。
何気に下に向けたらこれが結構反射する。
更に砲弾の頭をくっつけると下のアルミに反射した光の一部は内部を戻って拡散する。
では・・と頭をフラットにカットして本来リブのある側を丸めて倒立状態で結線してみました。
とりあえず実験なので固定はしていませんが、この状態でシンクに接着してしまえば・・・。

これが本当の逆さ貼り付け。(それが言いたかったのか?)

いや、これはむしろ「犬神家の・・(ry

てな事はともかく何とか点灯。
画像
ちょっと目障りですが、それほどメインの配光の邪魔にはならないみたい。
もうちょいローダウンして貼り付ければ見えない高さにも出来るかも。

それではまたオリジナルとの比較を見てみましょう。

途中で全方向からも見えるか表裏をひっくり返しています。

ただこれはちょっと明る過ぎる?ような気もしました。
いや、たぶん明るさではなくこれも色の作用のような気はします。
ビクっとなるのですが赤とはまた違う感覚です。
赤は何故か引き付けられて見入ってしまう・・こう自己の内面との交信でしょうか。
青は逆にビクっとしてオロオロと言うか・・外部への警戒みたいな。

更にどんな作用があるか試しに眠る時枕元に置いてみました。
寝返りをうつと顔のまん前20cm位に来るようにしてみたのですが・・思いのほか何も感じずいつも通り寝入っていました。
もっと気になるかと思ったのですが、不思議なくらいです。
確かに目の前でピカっと光ると一瞬ビクっとなって暗順応した目には残像さえ感じるほどなのですが、目を閉じると・・いや薄目くらいでもほとんど感じなくなるんですね。
まあ、これが本当に色・・波長の効果なのかはこれだけでは全くわからないです。
人一倍私が鈍いと言う可能性は大いにありますし、体調でも変わるかも知れません。
とありあえず次はまた違う色で試してみたいと思います。

それとは別にこちらは周囲の明るさと距離の変化で視認性がどれくらいあるか試してみました。

ちょっと画像では分かりにくかったですね。
が、明るい環境下での青色の視認性はかなり高いようです。
実はこれに使った青色LEDはスクーターにデイライトを付けるために買ったものでした。
って・・そりゃ見やすくなけりゃデイライトにならないですよね。

では何故日中でも青色LEDは見やすいのか?
ん?正確には判別が容易、と言うべきか・・・。


これは・・あ、しまった!今回は昔話のスペースがなくなってしまいました。
たぶん原初の装置としての灯りは木に火を点けたモノだったと思いますが・・・。

そっれ〜は何の木?

(どっちもクイズ形式でつづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
青って見やすいんですね。
つか、最初の動画だと雷が落ちる瞬間のようにも見えるんですが・・・バチバチッっと言ってそうw
cinq
2008/01/13 17:46
自然界に日中も反射、発光する青いモノが少ないからでしょうか?青蜂とかカワセミの青とかも目立ちますもんね。
でもうちの父の自動車のデイライトはPIAAの白・・ディーラーにはめられたな。。
そうそうピカっとなるとビクっとなるのは雷の記憶かな?とか想像してしまいした。でも昨夜「世界ふしぎ発見」で見たアフリカの雨季前の雷は荘厳で幻想的でした〜。
monozof
2008/01/13 18:50
こんばんわ。上面拡散ミラーも上手く使えて広範囲で発光がわかりますね。
これを本当に1年間発光させるのは無理でしょうね。
となると、明暗センサーでも付けて暗いときだけ発光できれば・・・
明暗センサー付きの「夜間安心君」が余っているので、部品取り用に送りましょうか?
0909
2008/01/13 20:01
いえ、メインライトを使わなければ照度は落ちても1年くらい持つと思います。逆に明暗センサーがあってもメインライトを使えばセンサー駆動する意味が無くなってしまいます。ですので個人的には常時コンセントに差しておいて停電時にも役立つ常夜灯とは区別して使うべきモノのような気がします。
それにこれを本格的なマーカー、ライトだけでなく自分の位置を示すモノとと考えた場合、日中の白銀の世界でも見えた方が良さそうに思えるのですが・・その場合は常時点滅よりいざって時に作動させられる方が良いのか、あるいは本人が動けなくてもずっと点滅している方が良いのか、そちらで悩むところです。
メインのフラッシュ点滅は満タンからでも84時間。認識灯を長期戦になりそうなった時の奥の手に出来るかも・・と言うところまでは考えたのですが・・さて。
monozof
2008/01/13 21:18
こっちでは日通がデイライト用に青色LED点けてます、
でも日中の場合光っていると言うより青い蛍光系の塗装が映えているだけのように見えますね(^_^;)

そうそう、
以前赤色の自己点滅LEDがCR2032で10日間光っていたので大容量の乾電池なら相当持ちそうですね。
takebeat
2008/01/13 22:13
おおっ
この方式は。。。
かつてEndorにと考えていた
方式と似てますね〜

実はわたすはサイキットさんの所の
これ(URL見てねっ☆)をもとに
集光で出来たらと考えていたのですが、
Endorのスター基板に対して
大きなリフ(固体)が無かったもので、
あっさり諦めました。。

しかし、
なかなか面白い展開になってきましたね〜
ツー事でわたすも同機を購入しましたぁ
(只今、パーツを取り寄せ中☆)
unkochan
URL
2008/01/13 22:39
takebeatさん>
ふむ青色光は平面的・・距離感の乏しい見え方と言う感じでしょうか。各発光色による感覚的な違いを比べてみるのも面白そうですね。
そう言えば自己点滅LED、10日も自己点滅したんですね。CR2032の公称容量が220mAhですから240時間で割ると単純計算で約0.9mA。制御装置も無しでたいしたモノだと思います。高速タイプはあるようですが逆に超スロー点滅なのとかあるのでしょうか?

unkochanさん>
なんとEndorで逆反射を?ペリカンのリコイルテクノロジーみたいな感じですよね。それも試してみる価値はありそうですね。
実は私もLEDは違いますが密かに巨大ダークホールとか家紋パターンを作って遊んでいます。

おお!プチGENTOS祭りの様相に。ヘッデンに続きこっちもブームになるか?・・・あ、すっかりLIFEライトの救済忘れてたス。。
monozof
2008/01/13 23:57
暗すぎるかと心配したのに明るすぎる気がするまでとは。これ幸いと制限抵抗を入れれば丁度良い暗さと電流低下の一石二鳥ですね。
通行人256
2008/01/14 01:29
なぞなぞなら松の木。

そもそもデフォルトの位置はスイッチのためみたいな感じですよね。動画では拡散リフの片面にも当たっているようにも見えるので、スイッチ位置の上に来るように微調整。救難用途を別に考えると青は気になります(個人的には残光になります)。暖色LED仕様なら違う色、でしょうか。

バカな質問ですが 前の記事に電池が入っていればと書いてありますがメイン点灯時には消えるのでしょうか?

カンテラって知らなかったので検索してみたらオランダ語なんですね。でもランタンとの違いはよくわかりませんでした。
雷豚
2008/01/14 06:02
おはおようございます。
昨夜は5mmの緑色に替えて添い寝したのですが・・・妙に目が冴えて寝付けませんでした。不思議。

松・・松明=たいまつ、で正解です!

と、昨夜作ったのは逆さ砲弾の上・・本来の足側を完全に砲弾型に成型して600番ペーパーでフロスト状態のままにしたら拡散して更に明るく感じるようになりました、メインのドーム、上面のリフへも増えて長く光っているような錯覚も。
メインライト点灯時は消えます。
と言うか電圧の一部は共有されているみたい。

ランタンの方は元素の名称でもあり、更に語源はギリシャ語の”人目を避ける”から・・とwikiにありました。
照明としてのランタン・カンテラはおそらく明確な定義のないまま使われているように思うのですが、今ではカンテラ族は衰退しランタン族しか残っていない気がします。
monozof
2008/01/14 09:29
カンテラってぶら下げる認識灯ですよね、
国鉄で使ってた奴。
それしか思い浮かびません(^_^;)
takebeat
2008/01/14 11:51
ありがたい事に今日は暖かい・・けど道路わきの雪かき。。
そうそう、あれはカンテラですね。船とかもそうかな?
カンテラに関する記述は近代のわずかな期間に多く見られるようですね。
monozof
2008/01/14 12:51
雪かきご苦労様です。降る度にしなくちゃいけないんですよね・・・。

カンテラは指向性のあるもの?。
ちょうちんはランタン?

国鉄ってJRの前の名前ですよね。知らない時代になるのですが、国鉄のほうがかっこいいように聞こえます。
雷豚
2008/01/14 22:08
あいかわらず鋭いですね。
指向性・・と言っても特定方向に絞り込めるモノと、どの向きからでも確認出来るモノとがあったようです。
そしてそれらはまたそれぞれに進化した。
今やっているのは後者の方ですね。

提灯は・・ランタン、カンテラ両方かも知れませんね。
字を見ると吊り下げるカタチなわけですが、直に持ち手
があって懐中電灯のように使うタイプもあります。
日本の提灯は独自の灯りの進化の一形態と言えそうです。

やはり「鉄」てのがなんかロマンを感じますよね。
monozof
2008/01/14 23:40
時代劇では棒の先の提灯をぶら下げてますね、
忍者が持ってたとされるのは「がんどう」だったかな?上を向けても下を向けてもろうそくが傾かないって奴。
takebeat
2008/01/15 00:49
がんどうは強盗、剛灯とも書くようですが龕灯が本来なのかも知れませんね。
あれは提げると言う点では提灯の体をなしていますが、ちょっと特殊な照明器具ですね。
安定させ機動性を高めた構造は進んでいますが、照明器具としては逆に原始的な、むしろ西洋のカンテラにの原型の方が近いかも知れません。
もっとも忍者のような特殊部隊が使う特殊兵器っぽい感じはステキです。
monozof
2008/01/15 01:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改造覚書:GENTOS EX-737NX(ポロリもあるよ) monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる