monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS GENTOS HW-733H:野外照射

<<   作成日時 : 2007/11/06 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

だいぶ朝晩冷え込むようになって来ましたね。
が、まだ冬と言うよりは晩秋と言った趣で、初秋から一足飛びに冬が来る北海道としては珍しい感覚です。
そんな中いつもの林道演習場に行ってきました。外気温は5℃。
メンバーはガイア、マッシ・・じゃなくて

HW-733H改 KLC8+PG1N-NX45
HW-743H改 KLC8 ノーマルコリ
HW744H ノーマル

これに随伴としてLuaite Lu-12c改を同行させました。
が・・いつものフラッシュライトの設定ではLoモードとか暗くて何が何やらな写り方でしたので、それぞれ150%〜200%ガンマ補正をかけています。

まずはハイキング気分で約5mから。
画像

画像画像画像


続いて25m位の直線で、手前の木までが8mくらい。
画像

画像画像画像


最後に至近の1.5m程・・・なんですが、さすがにLu-12cだと明る過ぎたのでサンプルは無しです。
画像画像画像


と、こんな感じでした。
ヘッドライトだけを点灯した場合の見え方は、ほぼ補正後の感じにはなるのですが、開けた場所で使うにはさすがにPG1N-NX45は拡散し過ぎてHi以下だと心細く感じました。
逆にノーマルのはやはりスポット過ぎて、静止して遠くを照らすには良いけど移動時には足元すら覚束ない感じでした。
これがHW-743HのKLC8+ノーマルコリだと少し拡散してくれるので今回の中では一番安心感が得られました。
ただし・・・色が思い切り分離してるのを気にしなければ、です。

ランタイム測定の記事でも触れましたがHeadWarsシリーズのHiはPetzlで言う20秒ブーストであり、本来は常用出来るものではありません。
ですのでMidモードでも安心して歩行出来る距離=2〜5m位は明るく照らしたところです。
出来ればその距離で幅も3m程度に広がり一定の視野を確保する。
とりあえず今回のメンバーは・・・全員落第でしょうか?ですよねえ。


うむ・・・失敗なり!





やれやれ。今夜ほどLu-12cが頼りになると思った事はない。
諸君等の健闘は評価に値するが・・求めているのはそんな配光ではないのだよ。
繰り返す、本作戦は失敗に終わった。速やかに帰還せよ。

しかし・・・認めたくないものだな。
バカさ故の過ちと言うモノを・・・。


(つまり、バカについては認める・・と)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
寒い中の屋外照射ご苦労様です。外気温5℃…こちらでは真冬の気温です。
KLC8+ノーマルコリでは、照射範囲は広がるものの特有のイエローリングが出てしまうのですね。
733改は拡散しすぎて砲弾多灯の照射に似てますね。
733改と743改の中間ぐらいの拡散レベルが使いやすいのかも。イエローは・・・やはり邪魔ですね。多分、手元照射の邪魔になると思います。
0909
2007/11/07 00:23
ええ、どっちも問題アリなのが困りモノ。でも733ノーマルの問題外よりは少し前進したのかな?
次回は「逆襲の・・」は、まだ早いんですね。まずは「復活の・・」か。
monozof
2007/11/07 01:56
どーなんでしょうね?

写真だと判断がつきませんが、QUADみたいな5mm多灯と大差無い「正面」にはなっているのではないだろうか?と思います。

個人的には、1AAであること以外にメリットを感じないGTR-731Tより上のような気もします。


ヘッデンは、ハンディのように自由が利かない。
頭の上、正面に照射が固定されているので、視野範囲の目の動きについていきたくなって、どうしても幅が欲しくなり、幅が欲しくなると広角狙いになり、そもそも広角狙いに指向性のあるLED単発は向かない。

同時に、頭の上に前のめりに「乗せている」ので重くなるのは却下。電源電圧の高さが必要になれば電池の数が増え、リチウム電池にすればランタイムが縮む。

また、筐体に金属部品を使って放熱を意識すればそれだけ重量が増す。だからってバッテリーボックスのセパレートは鬱陶しい。

故に、ヘッデンにハイパワーLEDは馴染まない。

と、結論付けています。もちろん私だけが勝手に(^^;


で・も、

なんとかなってくれると嬉しいですケドね(^^)
川端
2007/11/07 07:13
なるほど、体感的な部分とかは自分の主観だけだと限界があるのでとても参考になります。

技術的な部分は・・ヒトが望み、造ろうとするモノには常に二律背反する条件がついて回るのでしょうね。
しかしそれに抗い、少しづつでもクリアしていくのがヒトとしての指名なのか・・。

まあ、いざとなったらエ○いヒトに任せよう。(逃
monozof
2007/11/07 09:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GENTOS HW-733H:野外照射 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる