monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 解体覚書:中華8LEDヘッドライト

<<   作成日時 : 2007/11/24 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

中華ではたぶん一番手堅い造りに思える8LEDタイプをバラしてみました・・・が、こちらではここ迄として、説明したら弄らずに戻します。

実を言うと、こちらの方の記事を参考にさせて頂きました。
やはり天体観測では無闇に明るいライトはご法度なんですね。
これから星見には良い季節になるから私も邪魔しないように気を付けねば。

しかし、星ってとんでもなく遠くにあって月よりも遥かに低い照度でしょぼしょぼと光ってるけどなんて輝きまくりに見えるのだらう。
空に太陽がある限り〜♪の逆で、夜空に星がある限りですね。
と、すると・・それだけ明けの明星は別格に明るいって事か。さすがは堕天使。

しかし、それは見かけの効果もあると言ふ。
天使が天に居ても気付かない、地に下りてこそヒトは気付くのモノ。
まあ、確かに無闇に降りてこられても迷惑なだけかも知れません。

まあ地に下りて来たのが罰ゲームだったのか、意義ある自主的活動だったのかは、これからヒトが決めれば良いですね。。



てな話はスルーして、まずは開胸・・でなくてレンズのカバーを外します。
画像
見ての通り4箇所ツメで止まっていますので、手で浮かせておいてマイナスドライバーなりを差し入れて外してください。
ツメの位置で軽くこじればパチっと外れた感触がありますので、無理してツメを折らないように。

次にドーム状のレンズを外します。
画像
これは良サイド両サイドのネジを外したら、電池ボックスの裏から基板部分を押してやればスルっと出て来ます。(いや・・良サイドも捨てがたいか?)
関心したのはレンズの縁だけでなくネジにもOリングが入っていた事でしょうか。
パっと見た時はこんなので防水性は大丈夫なのだろうか?と思ったのですが、さすが釣具店などでも売っているだけの事はあったようです。
これなら水しぶき程度なら問題なさそうに思えました。

外した基板はこちら。
画像
ボディから取り出せばそのままレンズ部は分離出来ています。

少し角度を変えて文字を見やすくしてみました。
画像
手前の16pinのは私にはなんじゃらほい?なのですが、よくある中華の1チップタイプではなく何となくまともな回路っぽく見えます。
他の中華と違って明るさが明確に変わるのこの回路のおかげのようですね。
テール電流だけですが測ってみたら・・・。
Lo 2灯=63.5mA
Mid 4灯=132.3mA
Hi 8灯=197mA
と大体こんな感じでした。
LoとMidはちょっとオーバードライブ気味で発光効率は下がりますが、これくらいなら良いかも知れません。

こちらは裏面です。
画像
良く解りませんが、レイアウトの模様がステキとか・・いや、たいしたモノだと思いました。
暇なヒトは色分けしてみるとか回路図書いて見るとかしてお楽しみください。

で、本当は各モード毎のVfも測りたかったんですが・・・。
画像
各LEDの足に樹脂のカラーがはめてあって測り辛いのでやめました。 。

それと、ここまでバラして今更なんですが・・・。
画像
ヘッドパッド裏のクッション捲れば隠しネジがあるので、それを外せばヒンジが分割されてボディだけ外して弄りやすくなります。(遅いよ)

てな感じで・・・ここから先はunkochanさん、よろしくお願いします〜。(と最近は他力本願しまくり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あははっ
とっても参考になるものがいっぱいだぁ〜☆
しかし、16pinのチップは贅沢ですが
その他はかなりコストダウンつーか
なんとも。。。(;´Д`)>

>ここから先はunkochanさん、よろしくお願いします。

はぃ了解ッス
こちらが色々と構成を考えなくても
かなり手間が省けたと言か。。。m(_ _)m
ここまでして頂いて何もしない訳はない(爆)
ただ、どう言う使用方法
(暗順応、アウトドア、フィッシングなど)
でLEDの配色が変わってくるかと思いますので、
色々と考慮してみないといけないですね。。。

とは言えまだまだDXからの発送通知の
メールすら来てませんけど。。。ヽ(" ω ")
unkochan
2007/11/24 21:25
すみません、また勝手にネタふらせて頂きました。
何だか懐かしい感じがする部品構成ですよね。効率的にはちょっと不利な感じもします。

でも、これら部品とっぱらって基板だけ残したとしても結構スペースが取れそうなので面白いかも知れません。
砲弾型はハイパワー以上にVfが大きく影響するのでLEDの選別も地味ですが効果的かも。

DX・・またポイント使うの忘れてました。
手堅く予備バッテリーとかにするか・・またブタライトを20個くらい?。。
monozof
2007/11/24 22:27
以外に凝ったつくりになってるんですね。ダイレクトドライブ灯数切り替えくらいのつもりでいました。プッシュ切り替えのチップ駆動するのに色々必要なんでしょうね。

天体観測では明るいライト必要ないみたいです。友人の部活用に1W LEDライト薦めたら明るすぎって言われました。こちらの基準と必要な照度のずれが顕著な世界ですね。

天体撮影にがぎらず写真/ビデオ・マニアはちょっと困り者という感じはあります(全員ではないです)。撮影のためなら他人やルールのことはお構いなしの人も、中にはいますよね。小学校のときの運動会の親のマナーは最低でした。撮影による親同士の喧嘩で中断、僕達にしてみればいい加減にしてほしかった・・・。親のほうが熱くなってます、絶対。さすがに中学に入ってからは親のほうも冷めてきた間はありますが。
雷豚
2007/11/24 22:33
子供達が元気に体力を競い合う小学校の運動会・・その実態は親達による熱きうちの子バトルが繰り広げられる裏の運動会ですよ!・・って絶望したいところですが、まあ小学校くらいだと親と言うモノとしてはまだ初心者と言う事で生暖かく見守ってあげてください。子供もつらいですよね。
monozof
2007/11/24 23:17
こんばんは。

この前のPrincetonTec Quadはたぶん降圧スイッチング&定電流&ロジック制御だろうと踏んでいたのですが、見たところ両面基板で結構回路追うのが無理っぽかったのでスルーしちゃいました・・(^^;;;
今回のならどうにか(笑
ICは汎用CMOSロジックの4017Bです。
パルスが入るごとにONになるピンが順番に切り替わっていくデコーダカウンタとなっておりますんで、それを利用してモード切替をしているみたいですね。

そういえば昔、学祭で電光が順繰りに回る電飾看板をこのICを使って作ったのを思い出しました。
RUU
2007/11/25 23:12
あ、裏のTですね。いずれにしろ樹脂モールドの部分があるので大まかな構成だけ見て頂けただけでも何よりです。中華のモールド内のICは「気の迷い」さんのとこでも少し解析されていたんですね。大元は携帯用とかだったのかな?

なるほど8LEDのはある意味昔ながらのと言う感じなのでしょうか。ググったらスーファミの連射パッドの作り方とか出て来ました。特性とか見ても汎用性が高そうなICなんですね。ヘッデン用てのは結構うまい使い方でしょうか?
monozof
2007/11/25 23:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
解体覚書:中華8LEDヘッドライト monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる