monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS LEDと言ふモノ:ネガXネガは・・・

<<   作成日時 : 2007/10/29 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

先日”ピー”さんから教えて頂いた新しい国内販売店「LED-ON」に頼んだCreeQ5WGが届きました。
以前のWGより白くなっていると言う事でしたので、試しに自分の3CPに組み込んで光色と視認性の確認をするため林道演習場で比較照射をしてみました。
左が5モード定電流ボードに換装した3CPQ5WH、右がノーマル降圧コンの3CPQ5WGになります。
画像

前回と違い空気が澄んでいるので光線が見えなくて迫力に欠けますね。
ノーマルコンの方は18650x1ですと600mAほどしか流れないので少し暗くなっていますが、思っていたほど見辛くはないようです。
肉眼では青白さを感じない自然な白色で、どちらかと言うとWG寄りのWDと言った光色に感じました。
しかし初期のWGの熱気さえ感じられそうな暖色系と比較するとやはり少し弱々しく感じます。
やはり視認性では圧倒的にWHの方が優れており、それは同時に大きな安心感を与えてくれました。
なんと言うかアクティブに”照らしている”と言う実感ですね。
光の色と"100mA"程度の差でもこれだけ違うとは思いませんでした。



そうそう、この5モード定電流ボードはすでに1000mAではありません。
5モード700mA定電流ボードとなっています。

はい、足してもダメでしたので引いてみました。
そうかネガのネガはポジなのね。


と、言うわけで・・どうやらこれがAMC7135定電流IC本来の使い方だったようです。
まずはAW's2200mAでのランタイム。
画像

もちろん照度の最大値は1000mAより下がりましたが、LEDの特性により電流は少なければ少ないほど効率は高くなります。
電気を3割節約しても、照度低下は2割減で済むのでお得ですよマダム。

更に、この700mAと言う値はLEDによっても電源にとっても程良い値と言えそうです。
このQ5WHの場合700mA時のVfは推定3.6V弱。
これはリチウムイオン充電池の定格でもあるんですね。
この電圧なら回路の負荷が加わったとしても確実に提供できる値。
また発熱もこの程度なら3CPボディは余裕でさばける。
LED、電源、ボディ・・それぞれにベストのコンディションとなり、それらはトータルでヒトに最も最適化されたモノとなる。

と、もうひとつUltraFire2400mAでのデータも取ってみました。
画像

Ultra電池は過酷なローテーションで使っているせいか最近では満充電しても電圧が上がらない個体が出てきました。
そう言うわけで今回使用したのは4.16Vまでしか上がらなかったのですが、AW'sと照度の差はさして見られませんでした。
あ、50cmの中心照度は焦点位置で結構どうにでもなるので意味が無いです。
しかしUltra電池はモッサリ系で内部抵抗も多いはずなんですが、これも定電流ボードの効能なのかも知れません。
試しに2セル(否推奨)入れてみてもあまり変わりませんでした。
ノーマル降圧コンもFR仕様でかなり改善されているはずなのですが、定電流700mAボード仕様では1セル同士ではなく18650x2のS.T.Fとの比較が妥当かも知れません。
ご頼主の要望にはこの設定がベストかと思うのですがいかがでしょう?
もちろん照射画像では1000mAの方が明るく魅力的に見えるでしょうが・・・これは15分後には逆転するモノですので。

もちろんせっかくのQ5ですからランタイム無視のぶん回しもやってみたいのですが・・そっちはムチャしますので自分の3CPの方でやります。
目標ランタイムは1時間で18650を使い切る・・てな感じでしょうか。
え?目標照度は?・・・これまた熱伝導が重要なカギなんですよね。

*10/30追記
これはC2Zの方ですが、こんな感じで700mA化されています。
画像

って、外しやすい真ん中のAMC7135外しただけなんですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ランタイム伸びましたね〜。やはり各部位に余裕をもたせた方が各部品にも優しく耐久性もUPしそうですね。一回限りの「こんなに明るいのはどーよ!」的な照射なら熱かろう早かろうもいいのですが、長期使用するのであれば、余裕をもったほうが人にもライトにも良いですね。
0909
2007/10/29 23:36
3.6V1セルに最適化された回路には他の要素もそれに合うセッティングが必要だった、と言う事なのだと思います。これがVfの低いC2Zでは更に照度降下が少なくなり、その分ランタイムは短くなります。こぉカーブが直角に近くなるんですね。
monozof
2007/10/29 23:50
40mの写真何か見てはいけないものが写っていますか?

普段使うのに黄色のほうがクッキリ見えるような気がします。僕の場合室内使用がほとんどですが、締りがあるような感じですか クール系のものは色あせて見えるような。ただ白いもの(白壁等)はどうしてもクリーム色に見えますね。家の中の物って暖色系が多いので(人によって違うとは思いますが)黄色のほうがいいのかな。
黒にも 青っぽい黒と赤っぽい黒がありますよね。

僕は350mAでほとんど十分な使い方が多いので、あとは効率がいいほうがうれしい。P4と同じ照度でQ5をドライブさせれたら、ランタイムって伸ばせるかな(あまり変わらない?)。
雷豚
2007/10/29 23:51
良く気が付きましたね。立て看板などです。
場所が特定出来そうなのでガウスでぼかしてあります。
写ってはいけないモノとかではないのでご安心ください。

発光効率(lm/W)は9/24の記事「エコライトへの道:まとめ〜」にありますので参考にしてみてください。
Q5でP4の350mAと同じ照度にするには電流を少なくするわけですが(推定280mA)、その時点で電圧の方はほぼ同じか、少し低くなると思います。
逆に言えば同じ電圧で駆動すれば電流は少なくなりランタイムは伸びると思いますよ。
monozof
2007/10/30 00:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LEDと言ふモノ:ネガXネガは・・・ monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる