monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 中華コン:5モード1000mAプラス

<<   作成日時 : 2007/10/22 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

遠射系ライト・・ここに来てDereelightのDBS・3モードQ4版が猛追して来て更にヒートアップ中。
最近は全光束もそうですが1mの中心照度もインフレでスゴイ事になってます。
でも確かにあのリフは強力そうなんですよね。(ぶん取れないかな?)

さて、こちらはと言うと前回の続きです。
タイトル通り中華5モード1000mAコンバーターにAMC7135を1個足してみました。
画像

とりあえずなので0.3mm厚の真鍮板で台を作って熱伝導両面テープでペタンと貼ってあります。
単純に1400mAにはならないでしょうが、まずはどんな挙動が見られるかの実験です。
画像

1370mA・・なんですが、これは2セルの値で1セルだと約1A。
ちょっと少ない上に測るたびちょっとづつ下がっていく。

で、その後C2Zに組み込んで照度を測ってみると・・約98ルーメン?
あまり明るくなっていません。と言うかこれまた測る度に悪くなるよーな。
AW'sの18650(4.19V)に替えて再計測すると約120ルーメン。
さっきのUltraFire18650の電圧をみてみると3.9V位。
別の4.07Vので測定すると約100ルーメン。
更に別の4.15Vので測定すると115ルーメン・・・って、もしかして回路でかなり電圧落ちて流れてるのかな?
どうも出力は電源の電圧に影響を受けており、それは4V辺りが境目になっているっぽい。
それにこのC2Z、C2の標準コンだと700mAでも確実に100ルーメンは出ていたモノです。
確かにLED自体は1A以上でかなり効率は落ちてしまうのはわかりますが・・・。
発熱については点灯直後の照度低下も少なくC2Zにはまだ余裕がある感じでした。
どうやらこの症状は規則性のあるモノのようですので、次は少し条件を変えてまた試してみたいと思います。

*追記
結局C2Zでは5モード1000mA+を2セルでぶん回しても約135ルーメン止まりでした。
更にVf3.4VのCreeQ5でもぶん回せない事を確認。
結局元のAMC7135x3の状態に戻してAW's18650でチェック。
画像
どんぴしゃ950mA出た。
ああ、やっぱりKaiのレポが正解でしたか。さすがマニアなKai。
これで発送が気まぐれでなければ・・・。

これをC2Zに組み込んで再測定してみると約117ルーメン出てましたが・・いっそAMC7135x2にして700mAでもたいした差が出ない気もします。
とは言え3CPに組み込むにはやはり今のところのベストと思われます。
S.T.Fの場合は18650の2セルなのでノーマルコンでも900mA近く出せて2時間以上持ちますが、3CPはRCR123の2セルだと1時間持たないし1セルだと500mAくらいしか流れません。
これが5モードコンを使えば18650の1セルでも950mA流せるようになるわけですね。
ただしUltraFireの18650だと840mAくらいなので、少し照度が落ちてその分長く使える仕様になると思います。(SANYO生セルなら保護無しだけど最強との噂)
そちらは実際に組んでみてまたレポしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
コンバタ三枚重ねはどうDEATH か?
何の根拠もありませんが




推測もありませんですHIGH
浜ちゃま
2007/10/22 21:54
いつの間にかLesson10見逃しててshock!

丸ごと2枚パラ連結はまだアリの方かも知れません。
AMC7135は電圧を見て決まった電流を流すだけなんで、本格的にぶん回すには電圧を確保してくれるモノが必要って事みたいっス。
monozof
2007/10/22 22:27
DBSは存在は知ってました
っで、いつか誰かが
レヴューしてくれるのでは
ないかと思いつつ。。。
(他力本願なわたす(汗))


>中華コン
よくそんな事を思いつかれましたね〜
っで、AMC7135って調べてみると
某所でバラで売ってますね。。。
unkochan
2007/10/22 22:55
3モードQ4WH版で一気に躍り出て来た感じですね。
さあ最終コーナーを一番で駆け抜けて来るのはどのライトだ?(あ・・シケインあった?)

たぶんAMC7135も12F629も安く済むから使っているのでしょうね。
でも、最近すごい勢いで新しいLED専用chip=LEDドライバーとか開発されてるみたいですのでAMC7135も価格面だけではすぐに過去の遺物になりそうです。
いや、その頃はCree XR-E自体も遺物ってるのかな?
monozof
2007/10/22 23:31
SANYO生セル(赤いやつですよね?)プラス側すぐ凹みますよね。ライトのプラス接点に半田もってあるタイプは要注意。もともと出っ張りが少ないから、他のライトに入れたとき導通しなくなったりします。

ネオジオ磁石付けたほうがいいのかも・・・で質問なんですが。
この磁石、磁力強力なんですね。コンバーターにコイル使ったものなんか影響受けないんですか?
雷豚
2007/10/23 01:04
該当の日記が見つけられなかったのでこちらですいません、

monozofさんのところの2stageスイッチはどこの位発熱しますか?

たったいま3Ωの抵抗を直列に入れて2stageスイッチ化したLumaPower D-MiniはLow状態ではそこそこ発熱します、
テールスイッチの抵抗制御は初めてだったので発熱しても良い物なのか?しばらく悩んだのですが、
雷豚さんからmonozofさんところも発熱しているとの知らせを聞いてここは是非聞いてみなければと。

明るさは6000Lux+/1mがLowでは1500Lux/1mとかなりいい感じになっています。
takebeat
2007/10/23 02:00
雷豚さん>
ありゃ?もしかしてSANYO持ってないの私だけ?
やはり基板にスプリング付けるのが一番安心確実ですよね。と言いつつ磁石は便利なので使ってます。
コイルへの影響は・・・せ、先生ーっ!RUU先生ー(って時代劇ですか)

takebeatさん>
抵抗は電気を熱にするのが仕事なので必ず発熱するのですが発熱量はURLとかが参考になるかも・・ってこっちも丸投げではなんですか。
3CPには確か6.3Ωの1W酸化金属皮膜抵抗が入っていて、1セルだと30%くらい(測ってなかった)の明るさになりますが、2セルだとあまり変化がありませんでした。
発熱は3C3(2A超)だとさすがに樹脂が溶けるほど発熱してましたが、D-miniは1セル専用なのでたぶん抵抗自体でも70度程度までだと思います。
でも計算で求めるより実際にテールとボディに直に抵抗くっつけて明るさを見ながら決められるのがベストですね。CR123Aの1セルなら3〜5Ω位でも良いかも。
monozof
URL
2007/10/23 02:44
私は、パソコン用に並列で繋がったSANYO生セルを買って、タブを切断する時に+−の端子に若干金属片が残るようにしました。これにより端子部が出っ張るので2セルで使用時も問題なく使えます。
最強磁力と謳われるネオジウム磁石の使用は、私もかなり躊躇させられます、と言うか使いません。磁力が強すぎて、ちょっとした不注意がかなりやばいことになります。以前、ノートパソコンの底に付いてしまいハードが逝かれました。携帯電話や腕時計といった精密機器やメモリー機能があるような物には禁物で、かなり使い方を制限されます。
0909
2007/10/23 07:45
monozofさんこんにちは、
やはり流す電気によってはかなり発熱して当たり前の方法なんですね(^_^;)
とりあえずやばいのは抵抗をぴったりくっつけてあるスイッチ本体ですね・・・スイッチ部のキャニスターにきっちり熱が伝わるような対策を下方が良いみたいですが、
壊れたら壊れたで良いような使い方が必要みたいですね、
あと明るさから行くと抵抗は手持ちの3Ωでぴったりな感じです。
takebeat
2007/10/23 10:55
0909さん>
おはようございます。
なるほど、出来るだけ磁石を使わずに済むカタチを残すと言うのも良い方法ですね。では後から付加するには・・ライト側のスプリング以外に電池側で上手い方法がないか?これは考えてみる価値のある事のようですね。例えば魚の目パッドの逆みたいな後付接点があれば良いのかな?何か良いアイデアがありましたらプリーズ>ALL。


takebeatさん>
良かった熱も逃がせそうですか。3Ωだと感覚的には半分位の明るさでしょうか?
ちなみに大電流が流れる三つ目の場合はスペースもあるので一応2個並列にしてあります。
合成抵抗の値が同じであれば発熱量は同じわけですが、表面積が変わりますので表面温度の最大値は抑えられると考えたからなのですが、その後エコ系に移行しているので2Wのサンキン1個でも十分だったかも。
monozof
2007/10/23 11:51
呼ばれたような・・・?
強力磁石の影響ですかー。。直接磁力の影響を受ける部品はインダクタくらいだと思いますけど、どうでしょうね?

で、ちょと試してみました。動作中のコンバータ(とインダクタ)に直接ネオジム磁石をくっつけも何ら動作や効率に変化が見られなかったので、それほど気にする必要はないと思います(笑
RUU
2007/10/23 21:38
やっぱり磁石の影響は判明できていない状態なのですね。身の回りを見ても磁力がまずそうな物がいっぱいあるし。スプリングが一番かな。

魚の目パッドの逆みたいな後付接点・・・キーボードとかのメンブレンスイッチ(ゴムのペコペコするやつ)あれの中で導通させる部分--なんて言えばいいのだろう--ゴムっぽいもの、使えないかな。ソフトタッチのリモコンとかのスイッチって、みんなこれのような作りになってますよね。

雷豚
2007/10/23 21:44
磁石 ライトには影響ないんですね。問題はライト以外のところという感じですか。RUUさん検証ありがとうございました。
雷豚
2007/10/23 21:47
RUUさん>
ああっ助かりました!検証ありがとうございます。
こぉ直流で電圧を上げるためにコイルが使われている状態では影響の受けようがない、と言う感じでしょうか。
これがまた別の使われ方とかだと違って来るのかも知れませんが、ライトでは関係して来なさそうですね。

雷豚さん>
そうですねメモリー関連などは特に注意が必要かも知れません。(フロッピーだったら一撃だろうなあ)
後付接点・・産業界においては導電性の接着剤は今旬なアイテムらしいですが、まだ一般に普及するまでには至っていませんので・・自分で造るってのが一番手っ取り早い気もしますが、リチウムイオン充電池の正極にはガス抜きの圧力弁があるのでそれは塞がないようにしないとまずいのでしょうね。
やっぱりスプリグが一番か(ループ
monozof
2007/10/23 22:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中華コン:5モード1000mAプラス monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる