monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS UltraFire 502D:Creeバージョン

<<   作成日時 : 2007/10/19 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

昨夜のコリの方はひとまず置いといて(いや・・)一番のメインは確かこれだったような気がします。
UltraFire 502D。
14vフィラメント版もありますが、これはCreeバルブの入っているバージョンになります。
他にも3セルの502Cなどバリエーションは一番豊富なモデルかも。
画像


基本的にはこれもシュア互換の構造です。向かって右はSUREFIRE C2 Centurion.。
画像


P60と入れ替えるとこんな感じに。
画像

ヘッド部はベゼル兼の上部と下部に分かれる構造になっておりローレットの部分もボディから外れます。
画像

このようにボディ側にも中継端子が入っています。

しかし、この状態だとDXのSKU.1447バルブ(右側)は長すぎてヘッドが閉まりません。
画像

UltraFireのバルブと比較したかったんだけど、これは困ったなあ・・・と思っていたら。
画像

ボディ側の端子外せば良かったんですね。
ちなみにSKU1447をシュアに入れる時はGND側のスプリングは外してOKです。

更にヘッド上部兼ベゼル部を分解。
画像

レンズは内側からアルミ製プッシャーで圧着されています。
アルミと言っても薄々なのでひん曲げないように注意。
こう言うのはヘタにカメラ用のオープナーとか使うより小型ハサミでサクッと緩めた方が早いし双方痛めないかも。
いや慣れたモノなら何でも良いんです。緩んだら手でクリクリクリ。
レンズは径27.8mm、厚み1.9mmのガラス製。割と縁もきれい。
Oリングは外径29mm内径26mm太さ1.5mm・・かな?たぶん。

とりえず今回は元のCreeバルブによるDMMでの生データだけ。
画像

例によって照度計の測定限界値に収まるよう適当に離して周辺光で測定してます。
ちなみに初期照度は18650x2セルで約120ルーメン相当でしたが、初期降下も結構ありました。これだと800mAくらい流れていそうな感じですね。
この降下はコンバーターの2セル時の出力の高さ、と同時にそれに対してヘッド周りの熱伝導がいまいちだった事を物語っていると思われます。
ボディ全体ではまだ余裕はありそうなのですが、巡航状態の照度を上げればランタイムを減らす事にもなるのでこれはこれで良いバランスのようにも思えます。

オマケで18650+スペーサーのデータも。
画像

2セルに最適化された降圧コンバーターらしい下降曲線ですね。
こちらは熱伝導には余裕があるけど電源電圧の減少がリニアに反映されています。

何はともあれなかなか面白そうなライトです。
スペーサーを使えば1セルから4セルまでの電源が使えますので、色んなシュア互換リプレイスメントバルブが試せます。
とは言え18650では太さ、複数セルでは電池長さに若干の制限がありますのでご注意ください。
さて、後は頼んでいるバルブが届いてくれればなのですが・・・DXカムバーっク!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。502Dのランタイムデーター取りご苦労様です。ロングドライブで3割弱程度の落込みでしょうか、でもそこから4時間踏ん張っているので、使い勝手は良さそうですね。いや、C2と比較するともう少し欲しいかな?
DXは今朝8:25時点では復活していますよ!
0909
2007/10/19 08:33
標準のはちょっと出力高め設定のようですね。
互換性を重視したリプレイスメントバルブの場合どうしてもロスは出るでしょうから悪くは無い方だとと思いますが、この感じならもう100mA抑えても良いかも。

DX覗いて来ました〜・・っと思ったらやっとDXに頼んでたコンバーター届きました。良かったぁ。
monozof
2007/10/19 13:00
少ない18650*2使えるライトで、細身だし安いしいいライトだと思います。

P60互換というのが、どういう互換性なのか未だにわからないのですが、バルブの口径だけですか?
素直には取替え使用することはできませんよね。導通用のスプリング部分を何とかすれば、使えるようにはなる可能性は高いのですが、ちょっと面倒な互換性です。
 本体ともリフ最前面部分(スプリングを除き)しか接触してないので、放熱はそこからになるのでしょうね。
バルブの周りを接触するように厚くすると 熱が逃げてくれるようです。バルブによって同じ形態ではないのでライト側を加工すると、使えなくなるバルブが出てきたりして・・・でも他のライトに使えなくなるなぁ。

雷豚
2007/10/20 15:13
これのバルブユニットって、STAR基盤がほぼ
そのまま納まりそうですね(黒笑)。
アレ逝きましょうよ、アレ(黒笑)。
リオ
2007/10/20 18:26
雷豚さん>
とりあえず突っ込めれば互換、と言う感じなのでしょうね。それでも大抵のモノはなんとなく使えるので逆にそこで遊べるかと。おっしゃる通り汎用のモノを専用に改良しちゃうってのも良いですね。

リオさん>
ぐはっそんな黒々と・・魔の誘惑が〜。
でもコレ14mm位の角型基板が入ってて例えフチを落としても18mmが限界でSTARまるっとは無理ぽ。
monozof
2007/10/20 21:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
UltraFire 502D:Creeバージョン monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる