monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ホムセンライト:もしかしてコストパフォーマンス最強?

<<   作成日時 : 2007/10/01 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

前の記事でチラっとだけ触れましたが、「強力ライト」としてお馴染みのやつです。
これ自体は珍しくもなんともありません・・・が。

なんと電池付きで298円ですよ奥さん!
画像

いや本当は別の探しているライトが無いか覗いてみたんですが、あまりの馬鹿げた安さについ買って来てしまいました。

なんとなくシュアC2との比較。
画像

大きさは5倍、価格は1/50くらいでしょうか。(でも質感は1/500くらい?)

前面投影面積もどえりゃー違いです。
画像

ベゼル径97.5mm、リフ径82mmありました。

内部はこうなっています・・って説明するまでもないと思いますが。
画像

単一電池は2本づつ2列に収まり、直列接続により6Vの電源を供給します。
搭載されるバルブはクリプトン球の4.8V/0.75Aと言うやつ。
ランク的には・・真空<アルゴン<クリプトン<キセノン<ハロゲンの順に明るくなっていきます
ので並ランクくらいになりますが、価格も安いのでコストパフォーマンスは高いと言えます。

照射パターンは昨日の記事で見て頂いた通り強烈な極小スポットのタイプです。
と言うか・・・これだけデカいリフしてほとんどスポットしかありません。
周辺光は”なんぼか内面反射が漏れちゃった?”くらいしかありませんので近距離だと使いづらいったらありゃしません。
S.T.Fなどもかなり極小スポットではありますが、その比ではないくらいのピーキーさ。
こんなモノ一般家庭での使いどころが解りませんけど何か?

しかし・・・これはこれで面白い。

と言うわけで・・・フィラ達で野外照射に行ってきました。
参加ライトは\298強力ライト、シュアC2(P60)、シュアG2(DX3.7V)、TL-2。
この順番でまずは約5mから。
画像

画像

画像

画像

このくらいの距離だとP60は本当に明るく見やすく感じます。
3.7Vも若干照度は落ちますが、ほぼ同様の配光で屋内や屋外で足元を照らしながら歩くならこの二つで決まりですね。
TL-2はそれよりタイトで、もし人を照らすとしたら威嚇効果は大きそうです。
で、強力ライトは・・・この距離でもスポット径60cmくらいでしょうか、明るいんですが明暗差があり過ぎてまだ使いづらく感じました。

続いて約15m。
画像

画像

画像

画像

この距離からようやく強力ライトも本領発揮してくれました。
ちょっとこの画像では判り難いですが・・この距離でも丁度集光してる木の幹が白く浮かびあがっています。
巨大リフのおかげで距離が開いても拡散しないで1点だけ集光しっぱなしなんですね。
どうも遠距離照射能力については強力ライトだけ完全に別格で、15mでも近過ぎたようです。
パワーのランクは近かったのですが・・この配光は全くの異質。
結局このライトは今回参加の他のライトとはあまりにキャラクターが異なるので比べられませんでした。
開けた場所ならまだまだ飛びそうでしたので、いつか機会があれば例の40m照射場でS.T.Fか3CPとの比較してみたいところです。

さて次に遠距離得意となるとやはりTL-2でした。
これも画像では判りにくいのですが、肉眼では明らかにP60よりも照射ポイントである木の幹を明るく照らしていました。
しかしP60は周辺も含めて明るくしてくれているので、ターゲットの範囲を限定しなければ印象は逆転する事でしょう。
これがおそらく”どっちが明るい?”論争の元になっているのかも知れませんね。
何時でもどこでも安心な明るさのP60、アグレッシブに目標を追うTL-2、両者異なるキャラクターとして使い分ければ良いのだなあ、と感じました。

いやあホムセンライトも馬鹿に出来ないモノですね。
(でも一般家庭には要らんだろコレ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ある意味
究極に突き詰める(極める)と
ホムセンや100均などの安価な
「強力ライト」系などに行き着きますね。

私の勝手な妄想ですがこれをC→AA変換ケース
のやつで14500をば挿入すると。。。
またはAW氏のCタイプの例のやつだと
えらい事、電源を稼げますね〜

て、もしかして。。。
これでエコなヤツか
かなりの出力タイプのLEDか
とっても多灯なヤツをお考えなのでしょうか。。。
unkochan
2007/10/01 23:12
屋外照射ご苦労様でした。
ホムセン強力ライトの正しい使い方は・・・そうです、かめはめです。(笑)
1年程前に、地元のホムセンの移転に伴う閉店セールでOHMのTL-404が\1,000で叩き売られてましたので、迷わずに2本買いました。こちらはさらにかめはめに最適です。ってかなり重たいですが。
ちょっとTL違いでしたね。m(_ _)m
0909
2007/10/01 23:28
unkochanさん>
家庭用と見せかけて、この1点突破な強力さは反則です。もしかしてこいつを試したくて台風の時おじいちゃんとかが川やら山やらに遭難しに行ってしまうのでしょうか?
このままでも強力過ぎですが、やっぱり改造したいですね〜。

0909さん>
どう考えても一般家庭の車庫とか庭とかで100万カンデラは要らんだろう、と思うのですが・・誘惑されちゃいますね。でもTL-404の方が周辺光もあるのかな?
2本もあったら・・筋トレにも最適?
monozof
2007/10/02 00:24
ここで単一×2本でハロゲン球を採用した
National BF-113の登場ヽ(`・ω・´)ノ

はい。正直、ダイソーの単一×2本ライトの方が使えますwww
コスワース
2007/10/02 00:44
白い光色が優雅な、ちょっとリッチなハロゲン球。
だけど・・やっぱり一点突破ですかーっ!?

一応ムラなく拡散する多面リフよりコストが安くて済むからってのもあるんでしょうが、こうなるともうほとんど伝統のような気もしてきます。
monozof
2007/10/02 01:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホムセンライト:もしかしてコストパフォーマンス最強? monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる