monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS SUREFIRE P60L:検証後記

<<   作成日時 : 2007/09/29 15:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

SUREFIRE社自身による初のLEDリプレイスメントバルブであるP60L。
結論から言うとこれはこれでアリだと思いました。
そうですね。ここは一度SUREFIREの営業部の気持ちになって考えてみましょう。
もしもP60L単体で販売されるとしたらたぶんこんな感じ・・・。


<高性能フラッシュライトの代名詞SUREFIREがもっと身近に!>
あのSUREFIREに最先端のハイパワーLEDを搭載した交換用ランプが仲間入り。
ユーザーはフィラメントバルブと同様に何も考えず交換するだけで必要十分な明るさと飛躍的に向上した経済性とを手軽に手に入れられます。

画像

搭載されるSSC社 Z-Power P4(W42180)LEDは個体毎のばらつきも少なく、バランス良い分光特性を持つ白い光は対象物の細部まで鮮明に浮かび上がらせてくれる事でしょう。

画像

リフレクターには微細なテクスチャー処理が施されており、ワイド寄りから収束方向に向かうセッティングは近距離でも眩し過ぎず、離れても一定の光量を保ちます。
そのスポット部はP60同様のサイズと光量を持ち違和感なくこれまで通り運用出来る事でしょう。(*視認性は天候などにより異なります)

画像

またLEDならではの照度の安定性、省エネ性、発熱量の少なさはフィラメントバルブとは比べ物にならない快適な運用を約束してくれます。
もう発熱や頻繁な電池交換に煩わされる必要はありません。

画像

この高性能を支える心臓部はアルミ製ヒートシンクに搭載された緻密な電子回路です。
しかし貴方は電子回路の事など何も知らなくても大丈夫。
このユニットは強い衝撃にも耐え得るよう強固にアルミ製リフレクターと結合されています。
貴方はただ目標をセンターに入れてスイッチを押すだけ。

画像

もしも(これは非常に低い確率ですが)故障が発生し点灯しなくったとしてもご心配なく。
これもフィラメントバルブ同様に新しいP60Lに交換するだけです。
複雑な分解作業などする必要はなく、すぐに元通りの性能でまたお使い頂けます。

画像

いかがですか?あのSUREFIREの高性能フラッシュライトが誰でにでも(もちろん奥様にでも)気軽にお使い頂けるようになりました。
いざと言う時の備えとしてははもちろん、夜のジョギングのお供に、ご家族での週末のキャンプに、これまで以上に活用して頂けるモノと確信しております。


・・と、セールストークはこんな感じでどうでしょう?
プロフェッショナル向けではなく一般家庭用に販路を広げたいとしたら簡便さは最も重要なセールスポイントですものね。
ただ当分は本体セットで販路を広げておいて在庫は交換部品専用に、一定量が行き渡ってから単体での販売が良さそうに思います。
その頃にはマイナーチェンジって事でちょっとだけ性能上げた版で出すってのも効果的。

いつの日か日本のホムセンでP60Lに出会える日が来るかも知れませんね

(注*文章と画像があまり合ってないような気がするかも知れませんが気にしないように) 




おまけ>
あ、そうそう。一応全バラしたんですけど・・・ダイオード1個脱落させちゃいました♪(・・・)
画像
out側もホールごとぶち抜いてありますが復元は可能だと思います。
それとリフのフロア釘モドキは抜くのあきらめました。本当は割って出したかったんですが、手持ちのハイス鋼では刃が立たないのと時間が無いんでアルミキャニの一部をカットして分離しました。
すでにゴミ同然と化していますが、どこぞで役に立ってくれると良いなあ。
画像
こっちは回路裏側。

と言うわけでDXから次のネタ候補達が到着。
が・・・メインのモノだけがまだ未発送だったりする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが中華ライトよりコンバータの部品点数多いですね。多ければ良いだろうというものではないとは思いますが、しっかりしているような気にはさせてくれます。
ショート防止用の薄い輪がにくいですね。

次のネタ候補ッてなんだろうo(^-^)o ワクワク
こちらはやっと火おこしライトが届きました。バルブはまだCREEだけど。ホルスター出来たらキセノンバルブ注文しなくちゃ。
雷豚
2007/09/29 23:06
電気関係はさっぱりですが、部品多いですよねえ。
絶縁樹脂リングは私も見事と思いました。
これによりSSCでもCreeのように上部と接点端子からもリフ側へ熱が逃げられます。
ただ構造上一番ボディとの接触面が多いのがリフ部ですので、電池室内面しか金属部の無いG2では逆に一番の熱溜まりとなってしまったんですね。

あ、まさに超ファイヤー!なモノが届いたんですね。
いや激光だけでなく18650か18500x2で7.2Vバルブを長時間運用なんてのも出来るのか。それも面白そう。
monozof
2007/09/30 00:18
SUREFIREは持っていないのですが、P60Lは他社のライトと互換性は無いのでしょうか?UltraFireの○○で使えるとか。
一般家庭によく有るのナショナルの○○に入り、単1電池2本で点灯するとかで、高寿命を謳って低価格ならホムセンでもよく売れるかも。

PS:DXが昨晩から繋がらないのですが、またでしょうか?
0909
2007/09/30 12:52
私は持っていないのですがUltraFireだけなくG&P、Wolf-EyesなどD26互換モデルは多いようですね。
ああ・・やっぱり私も502Dも頼んどくんだった。

DX・・昨夜はダメでしたね。今は繋がるみたいです。
なんかRomisenからS.T.Fみたいなのが出てる?と思ったらC2のワイドレンジ&ロング版みたいなのとWF500Lモドキでした。
monozof
2007/09/30 13:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SUREFIRE P60L:検証後記 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる