monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS Edison KLC8:あの素晴らしいコリをもう一度

<<   作成日時 : 2007/09/02 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

すっかり忘れていたのですが、以前にGENTOSのSuperFireシリーズ用に買ったコリがありました。
オリジナルのコリはLuxeonのNX-05互換で比較的タイトなスポットを持つものです。
と言うのも当時は画期的と言われつつも、5W以下では出来るだけ集光しなければ十分な明るさで照射距離が稼げなかったからなのですが・・・。
その頃何故か私は1セルボディのSF-123をコンパクトさに合った強烈さはなくても使いやすい配光にしたいと考えていました。
それで取り寄せたのがこれです。
画像

逆フレネルのようなカッティングに梨地のつや消しが施されておりフラットで見やすいパターンとなります。
そこで、これをあのKLC8の色ムラ軽減に使えないかと言うわけです。
SSCに換装していたSF-123を再びKLC8に戻して検証です。
ちなみにSF-123は全部で3つあったのですが、今も稼動しているのは1本だけで残りはバラされて部品状態で待機しています。
その中から今回のコリ付きヘッドを発見したわけです。
まずはノーマルコリの方から。
画像
色ムラがわかりやすいよう白い少しツルツルした紙(ポスターの裏側)に照射しています。
ギラギラしたムラは紙のシワなので気にしないように。
また同様の理由でガンマを補正して周辺光を見やすくしています。

次につや消しコリの方です。
画像

スポット部の青みと周辺部の黄色身が緩和され柔らかいクリーム色と言った色合いになっています。
それでいて方向性は維持しておりスポットが大きくマイルドになった感じで照らせます。
画像
これで約1m離れた距離からの照射になります。
このコリなかなか良いと思いませんか?

問題は・・・メーカー・型番を忘れてしまいました。
メーカーはたぶんFreanでスポット部の大きさからMidiumだったような気がするんですが・・今LuxeonStar.comを探しても同じのが見つからないんですよ。
Sandwitch Soppeではないはずなんです。こちらではコンバーターしか買ってませんでした。
時期的にはLuxeon1Wの第2世代が出るよりは前だと思うのですが自信はありません。
単に当時とデザインが変わっただけなのかなあ・・・。
どなたかご存知の方、おられましたらぜひご一報ください。
これを使えば気持ち悪い色のKLC8がSSC並に気持ちいい色と見やすい照射パターンになってくれますので激オススメです。
いや、しかしどこで買ったんだろう・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そのコリとKLC8の組合せで、ノーマル123より明るくワイドな照射へと変身したのですね。黄色の周辺光が無くなっただけでも嬉しいような。
KLC8搭載のライトを作っている人は、どんな意図があって黄色の周辺光出まくりリフを作っているのだろう?
GENTOSのSuperFireシリーズもヘッドの互換性が無いので、Xシリーズのフロッグアイ等の移植ができないのが残念です。1本のライトで、様々な可能性を手軽に探れるように、オプションを充実させてくれれば…
0909
2007/09/03 16:09
フラットな配光なので照射面の照度はそれほどでも無いはずなんですが、光色のおかげで非常に見やすくなりました。比較するとすればSF-501辺りが丁度良さそうです。
SF-123は安い割に色々遊べるので気が付いたら3本に。
互換性、規格の統一と言うのは本当は個々の製品の品質と同等なくらい重要なのですが・・まあそれを正しく理解できているならば放って置いてもそこは一流メーカーになっている事でしょう。
monozof
2007/09/03 18:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Edison KLC8:あの素晴らしいコリをもう一度 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる