monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 日亜500GS:とりあえず換えてみるテスト

<<   作成日時 : 2007/09/15 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

巷の噂もとっくに過ぎ去った感のある日亜の500GS。
取り寄せたは良いが何に入れたモノか悩んでおりました。
500CSの時は何に入れたんだっけかなあと記憶を辿ってみたところ・・・。
画像
こいつだったけっか?
LED LENSER Write and Lightと言うライトペン。
これは要はLED LENSER MINI にボールペンが付いているようなモノなのですが・・・。
大抵いつの間にかスイッチが押されていて気が付くとピッコンピッコン点滅してたりします。
一応クリップをスイッチの上に回しておいてガード出来るようにはなっているのですが、MINIの方はまだしもボールペンでクリップ使えないてえのは携帯性を損ねてしまいます。
しかも収納しているうちにクリップが回ってて気が付いたらやっぱりピッコンピッコン。
と言う感じなので持ち歩かずその辺に放置してあったわけです。
そうそう、MINIと違ってこのライト&ライトには3パターンの点灯がありまして、1回押すとピッコン・・・ピッコンと言う感じのブリンク、マーカーモードですね。
2回目押すとピッコピッコピッコと言う感じの点滅、ストロボほど速くはないです。
3回目でようやく常時点灯と言う風に切り替わります。
だもんだから気が付くとピッコンピッk・・ry。
電源は1.5VのLR41を4個使うのですがこのマーカーモードでどれくらい持つのだろう?
たぶん相当持つのだろうけど・・出来ればこいつにはオートオフ機能の方を付けて欲しかった、と思います。
いや、でも・・もし遭難した時にこれで助かったらカッコいいかも知れない。

”雪山で消息不明の小説家を一週間ぶりに救助!奇跡の生還の鍵はペンにあった!”

・・・・・それはないな。

な事より換装ですね。
画像

分解は簡単。胴体真ん中を外して電池を抜いたらクリップ上のヘッド部を外します。

画像
モジュールのスイッチ側です。
こちら側にLEDのカソード(−)側がハンダ付けされています。
モジュールはスイッチを押し込みながら胴体側から割り箸(久々に)などで押せば出てきます。
この時スイッチのちっこいボタンをすっ飛ばして無くさないよう注意してください。

画像
モジュールの反対側です。
こちら側にLEDのアノード(+)側がハンダ付けされていますが・・白いカバーで見えませんね。飛び出しているのはアノード側の足で、これでカバーを押さえていると同時に電源の正極(+)からボディを介して基板に導通させています。
普通のライトの逆なんですね。どう言う回路なんだか謎です。

画像
カバーの中にはまた白いモノ。
この中に点滅回路だかチップが入っているのでしょうね。
ですのでLEDの足は途中の所をハンダで繋いでいます。

画像

後は同じように足の長さを切って付け替えてあげればOK。
あ、元に戻す時にもスイッチのボタンすっ飛ばさないように注意。
それと私が不器用なせいもありますが、このテの小径ボタン電池を3個以上使うライトって苦手なんですよね。
電池室も細いから入れ辛いし、入れたと思ったら中でコロンと裏返ってくれたり、しまいには束ねて入れようとして手がすべってぶちまけたり・・ええ、私だけですとも。

まあ、そんなこんなで500GSに換装しましたな照射比較。
ISO100、1/15、F2.6、太陽光@50cm。
まずは換装前の500CSから。
画像
やっぱりカメラの特性で実際より青く暗く写っています。

続いて500GSの方。
画像
これはほぼ見た目通りの色に写っていますが、ちと明るく目に写り過ぎたかも。
実際の明るさの差は画像ほどではないです。

それでもどちらも日亜らしく中心は青白く周囲は黄色いと言う典型的パターンになっています。
そうか気持ち悪いカラーはKLC8が片付いたと思ったら本家のこいつがいたんだっけ。
ええ、日亜も混ぜてやれば白くなるんですが、それをライト&ライトでやるのは無理がるような・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ボタン電池の入れ方は、テーブルの上に電池を重ねて、ライトを上からかぶせればOKですよ。
Maro
2007/09/16 05:59
Maroさん、おはようございます。
そうか!と言う事で実は朝から練習していました。
と言うくらい本当は手先が不器用なんですよ私。

それとライト&ライトの場合長めの電池スプリング+雄ネジ部のため結構電池室の奥が深く、本来のLR41x4個分に加えLR41x3個分相当の雌ネジのスペースがあり、更に内部にも小さいスプリングが出ているので余計にひっくり返りやすいみたいです。
そこで(不器用な私の場合ですが)タバコの箱を台にして積んで、そっとではなく一気にひっくり返すと成功率が高い事が判りました。今のところ8割近い確率です。
いやあ電池交換と言うのも意外と奥が深いものですね。
monozof
2007/09/16 11:41
筐体との間に隙間があるなら電池をセロテープで留めてしまえば。
テープを巻くと導通に支障(電池が離れてしまって)が出ることがあるので、細いテープを2本くらいで左右留めてあるくらいの方が良いです。
雷豚
2007/09/16 16:09
いわゆる海苔巻き状態ですか。
それ用には薄い安物のセロテープの方が良さそうですね。
前からLR41にも4LR44みたいな一体型のがあればなあ、と思っています。
monozof
2007/09/16 20:56
はじめまして
ヘッド部が外れないのですけど、アルコールか何かに漬ける
のですか?
外すコツみたいな物ありますか?
2007
2007/09/16 21:04
はじめまして、2007さん。
いや私のはたぶん特に何もしないで手ではずれたと思います。
と言っても買ったのが500CSが出た頃かその前ですから確かな記憶ではありません。
Fenixのライトのように個体により接着されてたり、されてなかったりするのかも。
あるいは脱落のトラブルとかがあって固定されるようになったとか。
オーソドックスな方法だと軽く炙ってみる、水抜き剤(イソプロピル)漬けとかがありますね。
あるいは傷つかないようビニールテープを巻いて電動ドリルのチャックに挟んでクラッチを最弱にしておいて、チャック部を手で押さえて回らないようにするとクラッチが滑ってカタタタタタと振動を与えられたりしますが・・そこまでやらんでも、とも思います。
monozof
2007/09/16 22:05
monozofさん 有難うございます。
1日水抜き剤漬けでも外れなかったので、ポケトーチで炙り
無事に外れました。が・・・・
調光部が壊れたみたいです。orz
今は、スイッチのみでのon/offです。
お世話になります多。
2007
2007/09/17 22:34
ぐはっ只のネジロックだったら溶解剤ってあるのかも・・て思ってたとこでした。申し訳ない。
調光部は・・別の用途ですが百均のチャリライトからぶん盗れないかと思いつつ、まだぶん投げてあります。
monozof
2007/09/18 00:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日亜500GS:とりあえず換えてみるテスト monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる