monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニマグ弄り・・実は弄ってないかも

<<   作成日時 : 2007/07/03 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様すっかり忘れ去られてる事かと思いますが、TLE-5EX補完計画だったかでシリコンで怪しいホール作ってたりしました。
実はそれの続きが気まぐれに続いていたんですね。

大体マグ弄りと言いつつ、私の場合マグ本体にはほとんど手を加えていない事に今気がつきました。
主に弄ってたのはTLE-5EXとスイッチユニットだけですもんねえ。
どっちかってえと・・・Terra祭り(盆踊りですか?)
続きもそんな感じでして、前回はヘッドからしか熱伝えられないんで、それだとキャンドルモードの時はダメじゃん、と言うオチでした。
そうして気の向くままにボディ用熱伝導ユニットの開発を進め、でも失敗し、なんとか改良を加え、まあなんとか理論通りにはなったかもなあ・・と言う感じで出来ました。
画像
パンパカパーン!

「ミニマグブルーでーす!」
「ミニマグLEDでーす!」
画像
ミナミハル・・(違う)

それはさておき、まあこんな感じになっています。
画像
金属のメタルです。

ちゃんと分離できます。
画像
TLE-5EXの裏は結構ボコボコしてるので、密着させるために固まる放熱用シリコーンで平面出し。

テーブル部分を外します。
画像
ボディ内のスイッチユニットも金属のメタルです。

全部出しちゃいます。
画像
一見ガラクタにしか見えませんが・・一応熱は伝えるガラクタ。
いや、とりあえず理論通り熱が運べるかの確認がしたっかったんでヨシとします。
後は工作機械を使える人とかメーカーさんで好きにしてください。
内部ユニットのワッカに切れ目があるのは、その方がボディに出し入れしやすいためです。
奥まで入れてテーブルを差し込むとワッカが広がって一応ボディと密着するしかけ。
アルミ・銅・アルミとややこしい構成になっていますが、真鍮板プレスしてΩ型に作れば一発なんで量産されたい方はどぞー。
テーブルはアルミキャストでも出来るけど、原価100円以内はきついか?
画像
合体!このまま点灯したら笑えるんだけど。
あ、とりあえずさらっと約30分間のデータだけ。

外気温24℃
SSCリード部=66-71℃
TLE-5EXサイド=53-57℃
テーブル裏=43℃
テーブル足=40℃
ボディ側最上部ネジ溝=35℃
ボディ側上部oリング下=33℃

と言う感じであまり効果ないように見えますが体積を考えると悪くない伝わり具合です。
でも、ピンの受けが甘くてTLE-5EX密着がいまいちでしたので、テーブルサイドを立ち上げるなどすればまだ効率は上げられるとは思います。
もっとも怪しいビラビラ付きヘッドの方ががんばってくれそうですんで、今度は両方合わせてどれくらい照度の落ち込みを抑えられるか試してみたいと思います。

てな感じでした。最後はもちろん・・・。
画像
ババンバ バンバンバン!(そっちかっ?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミニマグ弄り・・実は弄ってないかも monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる