monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄泉ガエル?

<<   作成日時 : 2007/05/31 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

実は私はライトマニアではない・・と思っています。
どのようなモノのマニアでもない・・・とも思うのですよ。
コレクター体質ゼロと言う時点ですでにマニア失格です。
私にはあるのは、ただただ知的好奇心だけ。
いや、情報に対する欲望と言っても良いかも知れません。
いずれ知獄に落ちるのかも知れません。
もっとも・・・・忘れるのも猛烈に速いので多分大丈夫でしょう。

で・・・すっかり忘れていたのですが、Shintaさんの記事を読んで思い出しました。
そう言えばどこかにMiniMagAAが埋もれていたはずだ・・・。

画像
ありました。ふうん、懐かしいなあ。
今見ても完成されたモノだと感心します。
オーバースペックとも言える肉厚のボディはさすがマグファミリーですね。

しかし・・いくらなんでもコレにアレは無理があるんじゃなかろうか?
なんでもK2のセッティングの基板にSSCを乗せているらしいのだけど・・・。
K2と言えば「ワターシ熱くなってもヘイチャラだからジャンジャン電流持ってきてクーダサイ」てな感じの大食いLEDだったと思います。
まあLuxeonファミリーは基本的に小さめダイに厚めのボディで高熱安定型ではあります。
中でもK2は定格で3.6V/700mAがデフォですから件のTLE-5EXもそれに合わせているとすると、仮にSSCがVfランクHの3.16Vだった場合約800mA流れる事になります。
相当に優れた放熱経路を与えないと厳しい感じですね。
ヘタをすると実際はその半分くらいしか電気を流せなくなってしまいます。

それにしても改めて見るとMiniMagの入り口ってちっちゃいですねえ。
ここからどれだけ熱を伝えられるのだろう?
サンドイッチは作ろうと思えば材料はあるのですが・・BatteryJunctionかあ。
ええ、ムラムラとは来ています。
しかし、とりあえず今は時間がない。
まあ対策を考えるには良いのかも知れません。
もちろん、ムダに電流だけ送っておいて一瞬だけウハww最強!などと愚かなマネはしないつもりではおりますが・・・やはりトップを狙うよりベストを目指せ、かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわぁ
な、なんとミニマグ用のドロップインモジュール作っちゃうんですか !? ちょっと見てみたい気がしますけど、期待しちゃってもいいのかな ?? (^_^;)
ヘッドを回転してのスイッチとかあきらめちゃって、素直にテールスイッチ仕様にしちゃえば、放熱関係の対策もなんかできるのではないかと、素人ながらに思ったりするです。。。
Shinta
URL
2007/06/01 18:09
ホルキンさんにTLE-5EXきてますよ。
doc
2007/06/01 19:39
Shintaさん>
いえサインドイッチショップの具を使ったドロップインは既に多くの方が実践されていますので面白くないかと思います。それよりまずはTLE-5系はなんとかしたいと感じました。やる甲斐もありそうですし。
さて、ミニマグMODについては何も知らないからとりあえず情報を集めないと〜。

docさん>
それはグッドタイミングですね。
価格も納得。情報ありがとうございます。
monozof
2007/06/01 20:58
 私もミニマグにSSCとBB Nexgen 1000mAを使用しましたので参考程度に書かせて頂きます。

1.ニッケル水素でinが1000mAでoutが700mA程度です。

2.Bare Emitter Boardでドロップイン化し側壁と上面を固まる放熱用シリコーンで固定後(ボディにマイナスをビス止めしています)、LED側面をトッピング。

 以上で点灯すると2分後からは照度が安定しますが、30分程連続点灯したところLEDの黄色の発光面横のシルバーが焼けて茶色になっています。このままでも照度は変わらないですが精神衛生上良くないです。

 普通のドロップインよりは照度は安定しましたが少し無理がありそうです。

 ということでやはり旋盤でヒートシンクを作るのが一番だと思いますが、アルミ板を円形に切ってBare Emitter Boardの代わりにするのが費用対効果では良いかもしれません。

 それよりもCREEに替えてアルミリフを接着するのが効果ありそうと思う今日この頃です。

長文失礼致しました。

 
カッツエ
2007/06/02 15:24
カッツエさん、いらっしゃいませ〜。
この分野では偉大なる先駆者の方ですね。
ありがたい、こうした過程の詳しい情報はとても参考になります。
なるほどまずボディまでの熱伝導で一苦労なのですね。
しかし30分後・・ふと目玉焼きがジュ〜と焼けている風景を思い浮かべてしまいました。
もっとも私もGEKIDENでは無茶してましたっけ。
使った電気から逆算すると約1200mA。
たぶん発光効率より発熱効率を稼げたかと思います。
うん、熱さ対決だったらフィラと良い勝負になったかも・・って、今度は無駄使いしないように考えなくちゃいけいないのか。
monozof
2007/06/02 17:19
ライトを改造するのは最近からなのでまだまだですよー。

熱伝導が一番難しいですよね!
カッツエ
2007/06/03 14:38
いえいえ、どのジャンルでも既存の道をなぞるより最初の一歩を踏み出してくれるヒトは尊敬に値します。
私の場合は・・一歩目でよくコケまする。
あ、良くみたらにGEKIDEN入れてたSSCも焼けてました。
フチがほんのり小麦色で美味しそうです。

熱・・考えてみたらライトには制約が多いのですね。
発熱するモノ達・・パソコン、オーディオ、モーター、内燃機関などそれぞれに制約はありますが、ライトはサイズ・形状、消費電力の制約が非常に厳しい。
トレードオフ出来る範囲も狭いので困ります。
どこか別のジャンルにヒントはないじゃろか?
monozof
2007/06/03 15:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
黄泉ガエル? monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる