monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 今ここにあったみたいな欠陥

<<   作成日時 : 2007/05/08 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

昨日のSSCトッピング問題につきまして(いきなり読んだ人はワケわからん)現時点で判明しました原因をご報告いたします。
と、言っても解決して下さったのはsr5223x4さんです。
さすがは先輩、目の付け所がSHARPです。
問題発生の流れとしては・・・
トッピングされたシリコンをリフレクタが押す
           ↓
シリコンの応力がリード部にかかりボディ内部で傾く
           ↓
アノード側ボンディングワイヤーが切れる
           ↓
リフ緩める→歪みが戻り接触→点灯→締める→消灯→ゆ(ry

てな感じだと思われます。
例によって画像で見ていきましょう。
画像

これは正常な状態のSSC君です。実は後から別の固体を撮影しました。
本当は異常な状態を撮影しておくべきだったのですが・・失念していました。
このように外部からボンディングイヤーの接点が見えています。
うっかり先にバラしてしまいましたが、とりあえず内部を見てみましょう。
画像

ボディ内部のリードはこんな感じになっています。
画像

ピンセットの先にあるのがボンディングワイヤーの残骸なのですが、小さいわシリコンもへばり付いてるわでゴミのようです。
問題はアノード側のワイヤーがカソード側と比べて極端に短くスラグ上面外周近くに位置している点にあるように思えます。
SSCのスラグは巨大でボディは薄皮状態なのですが、それでも防ぎようはあったはず。
カソード側のように多少ワイヤーに余裕を持たせておいてくれれば良かったのですが、わずかなズレで簡単にプッツンしそうな取り回しには何か狙いがあったのでしょうか?
ただこの巨大なスラグはシンクへの接点をしっかりとってやれば相当な熱伝導能力を持つ事は確かなようです。
今日LED各部の温度測定をしていて気づきました。
同様にリードも2枚合わせになっていて素子周辺の熱伝導においても重要な役割を果たしている事を確認しました。
が、それゆに丈夫で薄皮ボディに逆らってワイヤーを引っ張れてしまうのかも知れません。
同様にスラグがもう少し小さければボディを強化する事が出来たかも知れません。
画像
これはLuxeon1Wとの内部比較画像です。(左がSSC、右がLuxeon)
Luxeonはスラグの底面は広いですが素子の乗る台はコンパクトで、厚めのボディをまとっても充填材をたっぷり周囲に配する事が出来ます。これは1Wだからなのかも知れませんが基本的に素子周辺には例えスラグ自体であろうと熱源となるものは配置しない、送った熱は戻さないで、と言う設計思想に思えます。
またリードは内部で半円状の板としてボディ底面近くにがっちり固定されていて多少の応力でもビクともしません。そこにボンディングワイヤーが伸びている、と言う構造です。
そうして見るとSSCは・・強力な熱伝導能力(放熱ではない)と引き換えに失った強靭なボディと言う印象になってしまいます。
果たしてSSCはこの欠点を克服出来るのでしょうか?<つづく> 



いかがでしたでしょうか?
もちろん、これらは間違っているかも知れません。
私が無知で早計で気づいていないだけかも知れません。
しかし試してみなければわからない事は、これからも何度でも試してみようと思います。
SSCにはきっとその価値があると思うから。

*追記
最後の画像、ちょっと上下が寂しいので常用説明文を加えておきました。
これで・・よし、と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど
無精な私はこちらの報告を見てアノード部だけシリコンを除去してみました、
なんか調子いいみたいです(^_^;)
takebeat
URL
2007/05/09 01:01
ウチで「逝った?」とorzになったSSC P4は、
裏面カソード導通で現役バリバリに稼動中です。
しかし・・・分解して検証・・・素晴らしいです!
sr5223x4
2007/05/09 01:37
takebeatさん>
私も電気的な疑いから分離トッピングして、ついでにリードを水平にして空中配線したらそっちで根元プッツンさせてしまいました。
当面はリード、ボディに応力が働かないようにする事となるべく極性分離トッピングで対応でしょうか。

sr5223x4>
☆になったモノ達でも出来る限り活かしてあげたい、と思っているのですが・・・最後の画像(修正版)では浮かばれないでしょうか?
monozof
2007/05/09 09:06
MTE 1xAA SSC-P4と言うライトに興味を持ってtakebeat
さんの所から飛んできました。

SSC-P4はcreeより形的に好きなので(まるっこいから)Luxeonの置き換えにと考えていましたが 思っている以上にデリケートなんですね。圧力による破壊もそうなのですが 半田の熱も心配ですね。付け替えて照射の違いで遊ぶコトが多いので、熱で変形断線させてしまいそう。
雷豚
2007/05/09 22:19
あれ? monozofさんも「虫飼い」デスカ?>☆

最後の画像のP4、底とカソード・ボンディングワイヤで
通電させたら点いたりして(核爆)。
sr5223x4
2007/05/09 23:07
雷豚さん、いらっしゃいませ〜。
いや普通にLuxeonの換装には楽で最高です。
今後は国内でも安く調達出来れば良いのですけど。
破壊しちゃうのは同時に普通でない事をやろうと
しているからだと思います。

で、sr5223x4さんも普通でない同盟ですよね?
虫はコレクター体質の知人の方なんですよ〜。
今日も菌糸ボトル交換のためにカニスプーンやら調達するハメに。パラワン☆たくさんでした。アーメン。
monozof
2007/05/10 00:22
普通でない同盟、間違いなしm(_ _)m
sr5223x4
2007/05/10 03:16
SSC P4搭載ライトもおかげさまでようやく動作が安定したのでいつもの照射チェック行いました。

届いたときより確実に明るくなっててCREE搭載のUltraFire C3と比べて中心部の明るさは肉薄し、中心から周辺になめらかに減光する様は室内などでお手も使いやすく、Luxeonに似たLED形状の面目躍如といったところです、

CREEもいいけどやっぱりSSC P4も捨てがたいですね。
takebeat
URL
2007/05/12 00:16
拝見しました〜。しかしAAポケットライトがかつてのLuxeon3Wハンディライトを軽く越え5Wクラスの明るさになろうとは。ゴールと言うのは気が付くと常に先へと進んでいるものなのですね。
monozof
2007/05/12 08:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今ここにあったみたいな欠陥 monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる