monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型積分球のテスト

<<   作成日時 : 2007/04/27 08:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新しい積分球を作っています。ええドンブリじゃないやつです。
まだ遮光板の形状・位置が決まらず配光の影響を受けやすいですが、だいぶ安定して測定可能になって来てはいます。
今回はザっと手持ちのLEDを測定してwikiの練習も兼ねて表にしてみようと言う事です。
練習と言う事でとりあえずCreeだけで作ってみましたがいかがでしょう?枠は要らないかな?
コンバーターはいつものMadmax Plus WO、電源はニッケル水素2AAです。
C2のCreeは前回の予告写真にある通りカバーの樹脂をブチ割ってサークルPCBごと取り出したものです。
*注:実際は樹脂に細いネジでも立てて引っぱってやれば取れますので)

照度比較
メーカー型式ランクVf/mALux/5min信頼性入手先
CREEXR-EP33.27/4803500-3110AオーディオQ
CREEXR-EP4?3.45/4803200-2860BDX
CREEXR-EP3?3.50/4603000-2620BC2
CREEXR-EP4?3.14/5003600-3270xxx


一番最後のはある場所で個人的にプレゼントとして頂いたもので、binは不明ですが、たぶん本人はP4のつもりでくれたのじゃないかなあ。私もこれはおそらく本物かつ良binのP4だと思います。
同時にオーディオQさんのP3もかなりの当たりbinだった事がうかがえます。
となるとDXのとC2(前期ロット)のCreeはP3の並以下と評価せざるをえませんね。
オクに出した方のC2はこれより照度も白さもグっと上がっていますのご安心ください。
まあC2については組み付けや集荷までの取り扱い以外は基本設計が良いので、あまり心配する要素はありません。多少品質が落ちたとしても確実性は損なわれない設計・・と言うと昔ガンマニアだった頃の記憶からコルト・ガバメントを思い出します。まあブローニングが天才だったわけですが。コルト社も多くの優れた設計を買えたのはマーケティングに長けていたからなのだと思います。近年だとROLEXなどもそうした才を・・ってキリがありませんので、とりあえず今日はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新型積分球のテスト monolog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる